利益を生み出す会計情報活用法

受付中 研修番号 1763 場所 大阪会場(中小機構近畿本部セミナールーム)   大阪市中央区安土町2-3-13        大阪国際ビルディング27階
期間 11月28日(火曜日)/1日間 受講料 16,000円(税込) 定員 20名
対象 経営者(代表者、役員クラス)、経営幹部(部長、工場長、部門長クラス(経営後継者含む))
オンライン申込み

研修のねらい

企業が内外の変化に順応し、着実な成長を遂げるには、経営者自らが会計情報から的確に実態を掴み、判断の精度とスピードを高めて明確なビジョンを描き出すことが求められます。

この研修では、会計を経営に活かすための考え方や着眼点を理解したうえで、会計情報を活用して経営体質を改善・強化するための実践的な手法について学んでいただきます。

スケジュール

月日 時間 科目・内容

11月28日(火曜)

9時50分~10時00分
(オリエンテーション)

10時00分~13時00分

管理会計の基本的知識

経営と会計の本質を理解したうえで、経営の舵取りに必要な会計情報の活かし方について学びます。 

  • 経営のための会計とは
  • 管理会計の意義と重要性
  • 会計情報の活用による経営の見える化

14時00分~17時00分

17時00分~17時10分
(修了証書交付)

会計情報の実践的活用

経営体質を改善・強化するために必要な会計情報活用のポイントについて、事例を交えて学んでいただきます。

  • 損益分岐点分析の考え方と実践
  • 利益計画・資金計画の策定

※カリキュラムにつきましては、一部変更することがございます。

特記事項

電卓をご持参ください。

講師紹介

生塩 千秋(うしお ちあき)

株式会社ネットワーク経営広島 取締役コンサルティング事業部長

会計事務所勤務の後、株式会社ネットワーク経営広島の取締役就任。財務、税務、組織診断の専門コンサルタントとして、中小、中堅企業の改善を現場で指導。また、中小企業大学校をはじめ、学校法人、商工会議所等の講義、講演活動など、各方面で活躍中。

研修会場のご案内

大阪会場(中小機構近畿本部

〒541-0052 大阪市中央区安土町2-3-13 大阪国際ビルディング27階

※関西校以外で行われる研修については、会場に付属した宿泊施設はありません。受講者様ご自身でご手配をお願い致します。

受講申込み

受講申込書、またはオンライン申込みよりお申込みください。
受講申込書からのお申し込みは、FAX(または郵送も可)にてお送りください。

1.受講申込書(PDFダウンロード:871.9KB)

2.オンライン申込み

オンライン申込み
お問い合わせ・資料請求・御意見等は
中小企業大学校 関西校 研修担当

〒679-2282   兵庫県神崎郡福崎町高岡1929
電話:0790-22-5931    FAX:0790-22-5942
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/kansai/   

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。