生産計画と納期管理

受付終了 研修番号 1654 場所 関西校
期間 8月1日(月曜日)~8月3日(水曜日)/3日間 受講料 31,000円(税込) 定員 30名
対象 管理者(課長クラス)、新任管理者(新任課長、その候補者)
オンライン申込み

研修のねらい

この研修では,多品種少量化や短納期化など,顧客の多様なニーズに対応していく上で必要とされる工程管理の着眼点,生産計画・統制への柔軟な取り組み方について理解し,自社の納期管理を見直していくためのポイントを学びます。

スケジュール

月日 時間 科目・内容

8月1日(月曜)

9時15分~9時30分
(オリエンテーション)

9時30分~17時30分

工程管理の考え方

中小製造業における生産管理活動の目的・全体像と、現場のリーダーの役割について学びます。

  • 生産システムと工程管理
  • 生産計画のつくり方と実現対策

8月2日(火曜)

9時30分~17時30分

生産スケジュールの組み立て方

自社の顧客ニーズや生産形態に適した生産計画の策定方法と、的確な生産統制のポイントを学びます。

  • 操業計画と負荷能力調整 
  • 生産管理と効率管理
  • 生産管理課題改善策の検討(演習)
8月3日(水曜)

 9時30分~17時30分


17時30分~17時45分
(修了証書交付)

リードタイム短縮の具体的方策(演習)

事例や演習を通じ、納期確保・リードタイム短縮に向けた改善策検討のポイントを学びます。

  • 納期遅れの要因と対策
  • 多品種少量生産への対応
  • リードタイムと在庫管理の実際(演習含む)

 ※カリキュラムにつきましては、一部変更することがございます。

講師紹介

顯谷 敏也(あらや としや)

1960年生まれ。関西大学大学院工学研究科 修了。1986年シャープ株式会社に入社。ソフトウエア開発、情報システム構築、大型液晶テレビ工場(亀山工場)立ち上げ、サプライチェーン設計、工場の生産性改善指導等に従事する(工場革新プロジェクトチーフ、生産技術開発推進本部システム開発室長、海外生産企画本部IT推進部長、生産技術開発推進本部システム企画部長等を歴任)。2012年に独立、生産性改善オフィス Attic faithを設立。                                                                                 豊富な現場経験と知識を活かし、中小製造業を対象に、生産性改善、業務プロセス再構築などの支援に取り組んでいる。中小企業診断士。

受講者の声

・ビールゲームで供給連鎖を楽しく学べたことが良かった。

・理解できないまま、実務の方にたずさわってしまったので、全体像・考え方がわかりやすく、説明されてよかった。

・実務で非常に役立つ内容であり、大変参考になりました。

受講申込み

受講申込書、またはオンライン申込みよりお申込みください。
受講申込書からのお申し込みは、FAX(または郵送も可)にてお送りください。

1.受講申込書(PDFダウンロード:650.7KB)

2.オンライン申込み

オンライン申込み

2016年度 受講申込書 ダウンロード

受講申込書にご記入の上、FAX(または郵送も可)にてお送りください。

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 関西校 研修担当
〒679-2282 兵庫県神崎郡福崎町高岡
電話:0790-22-5931
FAX:0790-22-5942
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/kansai/