経営に活かす!財務分析と利益計画

受付終了 研修番号 1632 場所 関西校
期間 7月13日(水曜日)~8月18日(木曜日)/2日間×2回 <全4日間> 受講料 35,000円(税込) 定員 30名
対象 経営幹部(部長、工場長、部門長クラス(経営後継者含む))、管理者(課長クラス)
オンライン申込み

研修のねらい

 昨今の厳しい経営環境の中,経営者や管理者には、自社の経営実態を正しく,迅速に把握し,さらなる経営改善を進めていく力が求められます。


 この研修は,演習等により,財務の視点から企業の現状を正しく,迅速に読み取る分析力を身につけるとともに,その分析から問題を抽出し,課題として取り上げ,課題を解決する力を養うことを目的としています。


※「よくわかる!資金繰りと資金調達」とあわせてご受講いただきますと効果的です。

スケジュール

月日 時間 科目・内容
7月13日(水曜)

9時45分~10時00分
(オリエンテーション)
 

10時00分~17時00分

財務分析手法と改善のポイント(P/L編)
経営計画策定のための財務分析の代表的手法とその活用法について、演習を交えて実践的に学びます。
  • 損益計算書(P/L)、製造原価報告書の見かた
  • 比率分析の方法と進め方(収益性・成長性・生産性など)
  • 損益分岐点分析の方法と進め方
7月14日(木曜) 9時30分~16時30分 財務分析手法と改善のポイント(B/S編)
  • 貸借対照表(B/S)の見かた
  • 比率分析の方法と進め方(安全性など)
  • 運転資本の考え方
  • 自社の財務分析と改善策の検討
8月17日(水曜) 10時00分~17時00分

企業会計における資金の流れの基本的な考え方
企業会計における資金の流れの見方とその活用方法を学びます。

  • 企業会計における資金の流れの見方
  • 損益計算,貸借対照との違い,関係
  • 企業を事例にした演習 

 

8月18日(木曜)  

 9時30分~16時30分

16時30分~16時45分
(修了証書交付)

 

利益計画の立て方と使い方(演習)
自社の経営目標に基づき、利益計画の立て方について学びます。

  • 経営活動と利益計画との関わり
  • 利益計画の考え方
  • 資金の流れを踏まえた計画策定。

 ※カリキュラムにつきましては、一部変更することがございます。

 (特記事項)
自社分析のため以下の資料をご持参ください。
・直近3
期分の決算書
(受講生本人が演習のために使用するもので、大学校や第三者に提出するものではございません。)
・パソコン・電卓をご持参ください。
(パソコンは貸し出しも行っておりますが、財務データ管理等の面からご持参をおすすめします。)

講師紹介

石原 美保(いしはら みほ)

早稲田大学法学部法学科卒業後、印刷関連企業での営業職経験を経て、朝日監査法人(現あずさ監査法人)にて監査・公開支援・事業再生等、外資系コンサルティングにて海外赴任等の経験後、独立。経営分析・決算書の読み方、資金管理・資金調達研修、事業再生・資金管理の研修、セミナー等多数登壇。公認会計士・税理士・公認不正検査士・内部統制評価指導士

 

井出 久美(いで くみ)

大阪府立大学経済学部卒業後、監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)にて監査・公開支援・財務調査・経営管理体制の改善指導・所内研修担当等を経験後、独立。現在、中小企業向けに資金繰りやキャッシュフロー経営の導入を支援。資金管理・資金調達研修、財務諸表分析、利益管理の研修、セミナー等多数登壇。公認会計士・税理士

受講者の声

・経理担当の課題として、全社員に数字を伝えていく方法としてとても参考になります。

・月1回の会議に率情報などデータとして載せるとか、方法を見つけることができました。

・自社の科目の多さに大変でしたが、これを使いこなせればどんなに便利かと思うと、帰ってから必ず完成させたいと思いました。1人1人最終チェックして頂きたいぐらい必要性を感じました。

受講申込み

受講申込書、またはオンライン申込みよりお申込みください。
受講申込書からのお申し込みは、FAX(または郵送も可)にてお送りください。

1.受講申込書(PDFダウンロード:650.7KB)

2.オンライン申込み

オンライン申込み

2016年度 受講申込書 ダウンロード

受講申込書にご記入の上、FAX(または郵送も可)にてお送りください。

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 関西校 研修担当
〒679-2282 兵庫県神崎郡福崎町高岡
電話:0790-22-5931
FAX:0790-22-5942
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/kansai/