グローバル人材養成研修

受付終了 研修番号 1666 場所 関西校
期間 8月8日(月曜日)~10月14日(金曜日)/3日間×3回<全9日間> 受講料 75,000円(税込) 定員 20名
対象 経営幹部(部長、工場長、部門長クラス(経営後継者含む))、管理者(課長クラス)
オンライン申込み

研修のねらい

新たなビジネスチャンスを求め,販路開拓や生産拠点の設置など企業が海外展開を行う際には,その実態を知り,自社に合った海外展開事業計画を立案できる人材,現地風土に沿った仕事の進め方ができる人材の育成が不可欠です。
本研修では,組織の要として会社のグローバル化を実現するために必要な視点や考え方,実践手法について,体系的,総合的に身に付けていただき,実効性の高い海外展開事業プランを策定するとともに,その実現のためのノウハウを習得していただきます。

スケジュール

第1回 グローバル人材の視点

月日 時間 科目・内容

8月8日(月曜)

9時45分~10時00分
(オリエンテーション)

10時00分~12時00分

海外戦略で必要な要素:考え方と進め方
 

本セミナーの全体像となるこのパートでは、企業の海外戦略で考慮しなければいけない要素の概観を学んで頂き、俯瞰的ものの見方を理解して頂きます。

13時00分~17時00分

TPP、FTA、EPAをいかに武器として活用するか

メディアを賑わすTPP。しかし、具体的にどう活用すればいいのかがわからないものです。うまく使えば他社と差をつける大きな武器となってくれるこれらの貿易協定をどう活用するのかについて学びます。

 

8月9日(火曜) 9時30分~12時00分
 

異文化環境でのマネジメントの基本
(異文化環境での心構え)

海外勤務に際して,自分自身が身に付ける心構えについて理論と事例から学ぶ。

  • 異文化環境でのマネジメントの課題
  • ビジネス文化の違いとその背景の理解
  • 異文化環境でのマネジメントの留意点
13時00分~16時30分

異文化間コミュニケーションの基本


海外拠点で現地スタッフを味方につけて業務の成果を出すための異文化コミュニケーションのポイントを学ぶ。 

  • 異文化間コミュニケーションにおける認識のギャップ
  • 異文化間効果的なコミュニケーションのための留意点
  • 通訳者の扱い方と育て方
8月10日(水曜) 9時30分~16時30分

(ゼミナール1)海外取引・海外進出等の進め方(ビジョンと戦略の構築)

受講者様が,それぞれの企業の海外展開のためのビジョンを策定し,ビジョンを実現するための方向性・対策について,少人数制ゼミナール形式の個別指導により実践的に学びます。

 

 

第2回 グローバル人材の実務力

月日 時間 科目・内容
8月31日(水曜)  9時30分~16時30分 輸出入貿易実務の基礎

 海外取引は国内取引と異なったリスクマネジメント・手続きが必要です。本講義では,輸出・輸入を行うに当たっての貿易実務の基礎について学びます。 
                     
 (1)輸出入の基礎知識

  • 貿易取引条件とインコタームズ 
  • 保険
  • 代金回収・信用状取引
  • 為替リスク回避
  • 輸出物流・輸出通関手続き・輸出書類
  • 日本の貿易管理制度

   (2)TPP活用に向けた我が国の中小企業支援の強化策

9月1日(木曜) 9時30分~16時30分

英文契約書・外国企業との事業提携

 外国企業と取引を行う際に,法務の専門家とは別の視点で,事業者は契約書を理解する必要があります。本講義では,事業者として知っておくべき英文契約書の基本,外国企業との事業提携のポイントを学びます。

 (1) 英文契約書の作り方・読み方
 (2) 国際売買契約書の事例解説
 (3) 外国企業との事業提携

  • 事業提携とは
  • 事業提携の計画および契約のポイント
    (合弁会社・ライセンス供与・製造委託
     ・販売店・代理店・コンソーシアム・共同研究開発)
9月2日(金曜) 9時30分~16時30分

(ゼミナール2)海外取引・海外進出等の進め方(ビジョンの実現策)
 

 受講者様が,それぞれの企業の海外展開ビジョンを実現するための方向性・対策の立案について,少人数制ゼミナール形式の個別指導により実践的に学びます。
 

 

第3回 グローバル人材の実行力

月日 時間 科目・内容
10月12日(水曜) 9時30分~16時30分

グローバル対応に必要な社内外の環境整備


 企業のグローバル化を実現するために必要な環境整備と人事・労務管理の考え方と手法を学ぶ。        

  • 社内での規則・基準・組織・人員体制の整備
  • 社外支援体制(専門機関等)の整備
  • 現地での労務管理(採用・契約・解雇・補償・教育等)
10月13日(木曜) 9時30分~12時30分 
13時30分~16時30分

海外での地方政府・地域社会との関わりとリスクマネジメント
 激しく変化する海外での事業環境変化に対応するために必要な海外地方政府や地域社会との関わり方とそのリスクマネジメントの考え方と手法を学ぶ。          

  • 海外駐在員に求められる使命と役割
  • 海外マクロ経済や地域経済施策への対応
  •  政府・地域社会との付き合い
  • 不正行為への留意点と対策/安全面の注意事項
10月14日(金曜)

9時30分~16時30分

16時30分~16時45分
(修了証書交付)

(ゼミナール3)海外取引・海外進出等の進め方(海外展開事業計画の策定と発表)
 

受講者様が,研修期間に作成したそれぞれの企業の海外展開事業計画を作成・発表します。

 

 

※カリキュラムにつきましては、一部変更することがございます。

 

講師紹介

■8月8日(月曜)

嶋 正和(しま まさかず) 株式会社ロジスティック  代表取締役

東京大学工学部卒業後、ボストンコンサルティングに入社。マーケティング、IT、ロジスティクス関連プロジェクトに  従事。フランスINSEADでMBAを取得後、フットワークエクスプレス、ローランドベルガー・アンド・パートナーを経た後、サプライチェーンとFTAのコンサルティングを行う株式会社ロジスティックを設立。グローバル・サプライチェーンとFTAの活用に関するコンサルティングをこなす。関連書籍の出版多数。

 

■8月9日(火曜)、10月12日(水曜)、10月13日(木曜)

張 紹哲(ちょう さとし) コベルコ・キャリア・ディベロップメント(株) シニアコンサルタント

平成7年3月 京都大学大学院経済学研究科後期課程卒。大手電機メーカーでのグローバル人材育成に携わったのち、平成23年よりコベルコ・キャリア・ディベロップメント(株) シニアコンサルタント。海外赴任の日本人に対する異文化マネジメント研修及び現地人社員教育など実績多数。

 

■8月10日(水曜)、9月2日(金曜)、10月14日(金曜)

櫛田 正昭(くしだ まさあき) 株式会社ワールド・ビジネス・アソシエイツ

1966年大学卒業後,長期金融機関(30年間勤務)に在籍し,企業審査・国際営業・証券業務の分野に精通。その間,アジア開発銀行に派遣され,ファイナンシャル・アナリストとして開発途上国のプロジェクトを体験したり,ロンドン支店時代には,国際営業部で各種プロジェクト・ファイナンスに関与。95年には自動車関連製造業企業(東証一部上場)の取締役として,海外・企画部門(東南アジア各国への海外展開・進出を企画)を担当するとともに,同社米国法人社長を歴任。2008年よりPE(プライベートエクイティ)投資会社監査役。中小企業診断士。中小機構国際化支援アドバイザー。

廣井 正義(ひろい まさよし) 株式会社ワールド・ビジネス・アソシエイツ

1959年兵庫県出身。1982年大阪産業大学経営学部卒業後,井村屋製菓入社。1990年~1991年台湾台北に駐在,事業可能性調査等実施。2006年井村屋(北京)食品に取締役副社長兼営業部長として赴任。2011年経営コンサルタントとして独立。株式会社ワールド・ビジネス・アソシエイツ,チーフコンサルタント。中小企業診断士。1級販売士。

葉 恒二(よう こうじ) 株式会社ワールド・ビジネス・アソシエイツ

株式会社ワールド・ビジネス・アソシエイツ取締役。中小企業診断土高圧ガス製造保安責任者(旧乙種化学)
メーカーにて射出成型用金型の設計や樹脂成型部門の品質管理、生産技術開発に従事後、経営コンサルタン卜して狙立。独立後は、現場改善、生産管理、新製品開発支援、成型加工技術指導などを行ってお
り、また、各種団体の専門家として国内外の人材育成、企業診断、国内外の企業・業界調査なども行っている。

 

■8月31日(水曜)、9月1日(木曜)

中矢 一虎(なかや かずとら) 国際法務株式会社・中矢一虎法務事務所 代表(司法書士・行政書士)

神戸大学法学部卒業後、住友商事(株)に入社。パリやロンドン駐在時には主に化学品の貿易取引に携わる。今日まで、世界80カ国以上を国際取引にて歴訪した経験を持つ。現在、国際契約書の相談や作成を行う司法書士及び行政書士であり、中堅・中小企業の国際業務顧問や国際ビジネスに関わるコンサルティングを多数こなしている。大阪市立大学 商学部講師、中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー等幅広く活躍している。

受講者の声

・FSとして実習生受け入れや視察で複数都市をみるといった流れが参考になりました。いかにFS支援が有用かも参考になったのでよかったです。

・TPPの今の情報、とても参考になりました。また、英単語の独特な使いまわしのリストがわかりやすい。書籍は今後のテキストにもなります。

・企業における海外進出の位置付けと障害それに対策のお話は大変参考になりました。また、一般実務の内容もメリハリが強く知っている部分は少なく、知らない部分も多く時間が割かれて良かったです。

受講申込み

受講申込書、またはオンライン申込みよりお申込みください。
受講申込書からのお申し込みは、FAX(または郵送も可)にてお送りください。

1.受講申込書(PDFダウンロード:650.7KB)

2.オンライン申込み

オンライン申込み

2016年度 受講申込書 ダウンロード

受講申込書にご記入の上、FAX(または郵送も可)にてお送りください。

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 関西校 研修担当
〒679-2282 兵庫県神崎郡福崎町高岡
電話:0790-22-5931
FAX:0790-22-5942
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/kansai/