ケースで鍛える!経営幹部の思考力(2)

受付終了 研修番号 1505 場所 関西校
期間 11月18日(水曜日)~11月20日(金曜日)/3日間 受講料 31,000円(税込) 定員 30名
対象 経営幹部(部長、工場長、部門長クラス(経営後継者含む))、管理者(課長クラス)
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

経営幹部が直面する様々な場面において、どのように問題を整理し課題を抽出し、実行するべきかについてケースを通して考えていただき、経営幹部に求められる役割、必要な思考・視座、知識等を実践的に学びます。

※(1)(2)それぞれのご受講も可能ですが、取り扱うケースが変わり、新たな思考・視座、知識等が身に付きますので、あわせてのご受講をおすすめします。

スケジュール

 第1期間 企業の成長と戦略的思考の重要性

月日 時間 科目・内容

11月18日(水曜)

9時15分~9時30分
(オリエンテーション)

9時30分~17時30分

企業成長と経営幹部の役割
(ガイダンス)

企業が成長していくために経営幹部が果たすべき職務について,事例演習を通じて明確にしていきます。
グループ討議の生産性を上げるため,事例演習に取り組むにあたっての留意点,学習方法について説明します。
 

ケース1.
グループ討議と発表

経営幹部が直面する様々な場面についてケースを読み込み,個人ベースで学習の後,グループでの討議&発表を行います。
 

11月19日(木曜)

9時30分~17時30分

ケース2.
グループ討議と発表

 

11月20日(金曜)

9時30分~17時30分

17時30分~17時45分
(修了証書交付)

ケース3.
グループ討議と発表

 

ふり返りとまとめ

全体を通じて,経営幹部としての職務遂行に必要な要素について自己確認し,今後,獲得すべき知識,能力等について考えます。
 

  

  ※カリキュラムにつきましては、一部変更することがございます。

講師紹介

竹内 伸一(たけうち しんいち)

株式会社ケースメソッド教育研究所 代表取締役
慶應義塾大学大学院経営管理研究科 特任准教授
1988年早稲田大学教育学部卒業。マツダ(株)能力開発部,営業開発部,販売促進部などを経て,慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。2004年よりケースメソッド教育研究所代表。現在,慶應義塾大学大学院経営管理研究科特任准教授(「ケースメソッド教授法」担当)。
著書に「実践!日本型ケースメソッド教育」(ダイヤモンド社,高木晴夫/竹内伸一共著)ほか多数。

 

村上 敏也(むらかみ としや)

博士(経営学) 慶應義塾大学大学院経営管理研究科 訪問研究員
1997年慶應義塾大学環境情報学部卒業。学生時代より複数のITベンチャーにて奔走し,技術担当役員などを経て,慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。現在,東京工科大学コンピュータサイエンス学部,多摩大学経営情報学部,立教大学経済学部の非常勤講師。特定NPO法人チャイルドライン支援センター理事,アドヴォカシー事業部ファンドレイズ担当。

受講者の声

・幹部としての責任を整理することができました。

・自身の大変弱い部分でしたので、本当に勉強になりました。

・既念的にのみ知っていた内容を理論的に説明、実践できて理解が深まった。

受講の申込み

受講申込書、またはオンライン申込みよりお申込みください。
受講申込書からのお申し込みは、FAX(または郵送も可)にてお送りください。

1.受講申込書(PDFダウンロード)

2.オンライン申込み

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 関西校 研修担当
〒679-2282 兵庫県神崎郡福崎町高岡
電話:0790-22-5931
FAX:0790-22-5942
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/kansai/