ものづくり企業の販路開拓の進め方

受付終了 研修番号 1567 場所 関西校
期間 11月4日(水曜日)~11月6日(金曜日)/3日間 受講料 31,000円(税込) 定員 30名
対象 管理者、管理者候補
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

厳しい経営環境の中、中小ものづくり企業が販路開拓に取り組むためには、自社の顧客を見定め、求めるニーズを的確に捉え、自社の特徴を徹底した顧客の視点で分かりやすく伝えることが重要になります。
 本研修では、ものづくり企業の販路開拓面での課題を理解し、販路開拓の進め方について、基本知識と手法を学んでいただきます。また、販路開拓構想のつくり方を演習を交えて実践的に学ぶことを目的としています。

スケジュール

 

月日 時間 科目・内容

11月4日(水曜)

9時15分~9時30分
(オリエンテーション)

 9時30分~11時00分

販路開拓に係る施策の概要と事例紹介

販路開拓の課題を理解したうえで、支援施策の概要や活用事例について学んで頂きます。
また、数多くのものづくり企業の販路開拓を支援してきた経験をもとに、元気な企業の特徴を解説します。

11時00分~12時00分


13時00分~17時30分


ものづくり企業の販路開拓における課題解決のための手法・技法

販路開拓に必要な基本知識・技法について学んで頂きます。

  • 販路開拓の課題と7つの原理原則
  • 商談前に準備すること
  • 商談に取り組む際の留意点、効果的方法
  • 商談後に取り組むべきこと
11月5日(木曜)

9時30分~12時00分

13時00分~17時30分

 ものづくり企業の販路開拓計画策定演習

演習の進め方について解説致します。基本的な考え方を整理し、戦略、実施項目を設定頂きます。
販路開拓を進める上で必須な、展開イメージシート、商談イメージシート、商談モデル、コントロールシートの4種シートを作成して頂きます。

 

11月6日(金曜)

9時30分~12時00分

13時00分~17時30分

 17時30分~17時45分
(修了証書交付)

ものづくり企業の販路開拓の進め方

ディスカッションにより、今回学んだことや気づきを再確認し、自社の販路開拓に役立つように、まとめを行います。

※カリキュラムにつきましては、一部変更することがございます。

講師紹介

高畠 和夫(たかばたけ かずお) 
大手鉄鋼メーカー出身。超電導マグネットメーカーの代表取締役、メーカー系シンクタンク常務取締役を経て、平成17年12月に(独)中小企業基盤整備機構 近畿本部の販路開拓プロジェクトマネージャーに就任。販路開拓・マーケティング企画を専門としており、年間約200社の中小・ベンチャー企業の販路開拓相談に応じる。

川上 正人(かわかみ まさと)
青山監査法人に勤務の後、平成5年経営コンサルタントとして開業する。平成11年、販路開拓支援に特化した、株式会社流通プランニング研究所を設立、代表取締役に就任。平成20年、販路開拓支援手法確立を目的に、特定非営利活動法人中小企業販路開拓支援協議会を設立。理事長に就任。現在に至る。

受講者の声

・具体的な事例をわかり易くご説明いただいたので私にも良く理解出来ました。

・演習を進めていくにつれ、今まで考えもしなかった様なポイントにたどりつき、沢山の気付きが得られました。

・いろいろとまとめて書き出すことで自分の考えていること、これからやっていきたいことが明文化できて良かったです。

受講申込み

受講申込書、またはオンライン申込みよりお申込みください。
受講申込書からのお申し込みは、FAX(または郵送も可)にてお送りください。

1.受講申込書(PDFダウンロード)

2.オンライン申込み

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード
お問い合わせ・資料請求・御意見等は
中小企業大学校 関西校 研修担当

〒679-2282   兵庫県神崎郡福崎町高岡1929
電話:0790-22-5931    FAX:0790-22-5942
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/kansai/   

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。