工場管理者のためのマネジメント力

受付終了 研修番号 1556 場所 関西校
期間 7月1日(水曜日)~7月3日(金曜日)/3日間 受講料 31,000円(税込) 定員 30名
対象 経営幹部(部長、工場長、部門長クラス(経営後継者含む))、管理者(課長クラス)
オンライン申込み

研修のねらい

需要の減少やグローバル化に伴う生産拠点の海外移転など、中小製造業をとりまく環境が厳しさを増す中、工場管理者には、単に工場を円滑に稼動させるだけでなく、企業経営全体を視野にいれたマネジメント能力が求められます。

この研修では、工場マネジメント能力を強化するために、工場管理者の職務と役割、リーダーシップ、現場マネジメントスキルを学びます。

スケジュール

月日 時間 科目・内容

7月1日(水曜)

9時15分~9時30分
(オリエンテーション)

9時30分~17時30分

工場管理者の役割とリーダーシップ

工場管理者としての役割を学び、現場をまとめていくポイントを具体的に学びます。

  • 工場管理者の役割
  • 工場管理とリーダーシップ

7月2日(木曜)

9時30分~17時30分

工場管理者に必要な現場マネジメントスキル

工場管理者として現場をマネジメントし、生産性を向上させていく上で必要な現場で活かせる生産管理知識を学びます。

  • 生産管理の全体像
  • 現場改善の基本手法
  • 安全管理の基礎知識
7月3日(金曜)

 9時30分~17時30分
 

17時30分~17時45分
(修了証書交付)

工場管理者に必要な問題発見力と解決能力

工場管理における問題を早期に発見し、解決していくために必要な知識と解決手法を自社演習を交えて学びます。

  • 問題発見方法
  • 問題解決方法
  • 自社課題の解決方法を考える

 ※カリキュラムにつきましては、一部変更することがございます。

講師紹介

松下 喜久治(まつした きくじ)

昭和40年、富士製鐵(後の新日本製鐵)に入社後、生産技術を経て能力開発部門の担当マネジャー、 後に関係会社に出向し教育事業部長に就任。社内研修や能力開発部門の基盤を築いた。平成16年からは姫路経営者協会の教育委員長に就任、西播地域の多くの企業にて人材育成支援を行っている.



島ノ内 英久(しまのうち ひでひさ)

1967年、長崎県佐世保市生まれ。九州大学大学院卒(工学修士)。ヤンマー(株)にて生産技術を担当後、米国イリノイ大学PIM(国際経営管理者養成プログラム)課程留学。帰国後プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント(株)およびKPMGコンサルティング(株)での業務改革コンサルタントを経て、経営改善実践コンサルティング会社、株式会社ウィレンス代表取締役(本社:大阪市)。年商1億円から80億円までの中堅・中小企業への経営改善計画書作成および経営幹部、若手社員への教育、指導などを通じた経営改善実践を専門とする。
中小企業診断士。

受講者の声

・自社の教育体系がないため、あらためて構築の必要性を感じた。

・基本スキルを中心に、事例紹介で補足していただき、参考になりました。

・演習が楽しかった。また、アドバイスを頂き参考になりました。ありがとうございました。

受講申込み

受講申込書、またはオンライン申込みよりお申込みください。
受講申込書からのお申し込みは、FAX(または郵送も可)にてお送りください。

1.受講申込書(PDFダウンロード)

2.オンライン申込み

オンライン申込み

2015年度 受講申込書 ダウンロード

受講申込書にご記入の上、FAX(または郵送も可)にてお送りください。

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 関西校 研修担当
〒679-2282 兵庫県神崎郡福崎町高岡
電話:0790-22-5931
FAX:0790-22-5942
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/kansai/