5Sと製造現場の「見える化」実践講座

受付終了 研修番号 1555 場所 関西校
期間 9月15日(火曜日)~11月10日(火曜日)/3日間 + 2日間 <全5日間> 受講料 42,000円(税込) 定員 30名
対象 管理者(課長クラス)、新任管理者(新任課長、その候補者)
オンライン申込み

研修のねらい

企業が市場のニーズや製品の多様化に柔軟に対応し,生産性を着実に強化していくためには,まず,生産活動の現場で「5S」「見える化」を実践し,継続的に改善活動に取り組むための基盤づくりが欠かせません。
 この研修は,2回に分けて実施します。
 第1期間では,「5S」「見える化」への効果的な取組み方を学び,計画を立案することを目的としています。
 作成した計画を約2ヶ月のインターバル期間中に自社内で実践していただき,第2期間では,計画と実際の差異を検証し,改善するいった実践的に学ぶことを目的としています。

スケジュール

 

月日 時間 科目・内容

9月15日(火曜)

9時15分~9時30分          (オリエンテーション)     

9時30分~16時30分

生産現場の基本構造と改善活動への取り組み(講義・演習)

生産現場のリーダーがどのような視点で現場に対する問題意識を持ち、役割を果たしていくべきかを理解したうえで、改善活動への取り組み方について、事例を交えて学んでいただきます。また、現在抱えている課題をグループでまとめ、共有化を図ります。

  • 生産現場の基本構造と現場改善の必要性
  • 生産現場の管理者の役割と行動
  • 現場改善の具体的な取り組み方

9月16日(水曜)

9時30分~16時30分

「5S」と「見える化」による改善活動の進め方(講義・演習)

ムダを省き、現場の管理レベルを高め、利益を向上させる「5S」と「見える化」の本質や、その段階的な導入手順と定着・展開の仕方について、演習により習得していただきます。同時に改善事例や参考図書の閲覧をします。

  • 作業事例をもとにムダ取りの検討
  • 「5S」「見える化」の実践手順と手法の習得
  • 「5S」「見える化」の考え方と進め方

9月17日(木曜)

9時30分~16時30分

自社の5S改善計画と「5S」「見える化」の定着化

前日の演習を踏まえ、自社の5S改善計画を立て、発表していただきます。「5S」「見える化」の定着化と全社的な展開方法を学ぶとともに、自社でのあり方を検討し、まとめます。

  • 自社実践5Sプランシート作成
  • 定着化のしくみと全社的な展開の仕方
  • 自社の現場改善に向けたチェックポイント

 

  インターバル課題:立案した自社の5S改善計画を実践していただきます。

月日 時間 科目・内容

11月9日(月曜)

9時30分~16時30分

5S実践活動を通して見える新たな課題と今後の進め方

自社の5S改善計画の現場での実践結果を振り返り、課題の抽出、改善方法の検討、新たな改善計画の作成を行います。

  • 自社実践5S改善活動の発表
  • グループディスカッションによる新たな改善方法の検討
  • 新たな改善計画の作成

11月10日(火曜)

9時30分~16時30分

16時30分~16時45分
(修了証書交付)

  ※カリキュラムにつきましては、一部変更することがございます。

講師紹介

植條 英典 (うえじょう ひでのり)

中堅家具メーカーの経営企画室にて経営管理業務に従事した後、中村技術士事務所に入所し、その後(株)ビジテック創設に参画し、同社取締役に就任。平成16年、実践マネジメント研究所を設立。工程管理、生産性向上対策、品質改善活動等を中心に、コンサルタント活動を行う一方、全国各地で企業のコンサルティングの他、中小企業大学校、大阪府工業協会、兵庫工業会、日本IE協会、四国生産性本部、わかやま産業振興財団、大阪産業振興機構、海外研修(マレーシア)等でのセミナー講師としても活躍中。
モットーは「不易流行」「知覚動考(ともかくうごこう)」「ご安全に」

受講者の声

・実際に自分の現場の写真を使って問題点を挙げる手法がわかり易く、大変勉強になりました。

・「見える化」や「3定」で得られる効果をわかり易く体験できました。

・講座ありがとうございました。すごく楽しく、そして実のある講座で充実した5日間でした。これから継続して5S活動を進める力となりました。

受講申込み

受講申込書、またはオンライン申込みよりお申込みください。
受講申込書からのお申し込みは、FAX(または郵送も可)にてお送りください。

1.受講申込書(PDFダウンロード)

2.オンライン申込み

オンライン申込み

2015年度 受講申込書 ダウンロード

受講申込書にご記入の上、FAX(または郵送も可)にてお送りください。

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 関西校 研修担当
〒679-2282 兵庫県神崎郡福崎町高岡
電話:0790-22-5931
FAX:0790-22-5942
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/kansai/