第35期経営管理者研修

受付終了 研修番号 1561 場所 関西校
期間 10月5日(月曜日)~2016年9月9日(金曜日)/60日間 (5日間×12ヶ月) 受講料 547,000円(税込) 定員 30名
対象 経営者(代表者、役員クラス)、経営幹部(部長、工場長、部門長クラス(経営後継者含む))
オンライン申込み

研修のねらい

経営環境の変化に対応し、企業経営を強化していくためには、組織の要として、広い視点から経営管理の知識・手法に基づきリーダーシップを発揮する「経営管理者」の育成が不可欠です。

本研修では、経営管理者が会社の経営革新を実現するために必要な視点や考え方、経営マネジメントの実践手法について、体系的・総合的に学んでいただきます。

スケジュール

概要 月日 科目・内容

【1回目】

自己革新への取り組み

10月5日(月曜)

(※初日午前はオリエンテーション)
経営管理者としての視点と役割

10月6日(火曜)

10月7日(水曜)

管理者としての自己理解

10月8日(木曜)

10月9日(金曜)

自立型人間・実践講座1

【2回目】

企業経営と経営管理

11月9日(月曜)

財務分析の基礎知識

11月10日(火曜)

11月11日(水曜)

経営環境と意思決定(ビジネスゲーム)

11月12日(木曜)

11月13日(金曜)

【3回目】

経営管理者の能力開発

12月7日(月曜)

リーダーとしてのビジョンづくり

12月8日(火曜)

12月9日(水曜)

 ロジカルシンキングによる問題解決

12月10日(木曜)

12月11日(金曜)

【4回目】

経営管理手法と実践1

1月18日(月曜)

経営戦略立案のプロセス(経営理念)

1月19日(火曜)

1月20日(水曜)

経営戦略立案のプロセス(経営戦略とプランづくり)

1月21日(木曜)

1月22日(金曜)

【5回目】

経営管理手法と実践2

2月22日(月曜)

ゼミナール1

2月23日(火曜)

財務分析と対策(演習)

2月24日(水曜)

2月25日(木曜)

2月26日(金曜)

企業法務の基礎知識

【6回目】

経営管理手法と実践3

3月7日(月曜)

ゼミナール2

3月8日(火曜)

人事・組織管理のあり方とその実践

3月9日(水曜)

3月10日(木曜)

革新ビジョンと戦略の構築

3月11日(金曜)

【7回目】

プランづくりの進め方1

4月11日(月曜)

ゼミナール3

4月12日(火曜)

マーケティングの基礎と実践

4月13日(水曜)

4月14日(木曜)

4月15日(金曜)

午前:顧客満足経営のあり方

午後:事例に学ぶ顧客満足経営の成功要因

【8回目】

プランづくりの進め方2

5月9日(月曜)

ゼミナール4

5月10日(火曜)

業務改善の考え方と進め方

5月11日(水曜)

5月12日(木曜)

5月13日(金曜)

プレンテーションスキル

【9回目】

プランづくりの進め方3

6月6日(月曜)

ゼミナール5 研究レポート中間発表

6月7日(火曜)

ゼミナール6

6月8日(水曜)

利益計画・資金計画の作成(演習)

6月9日(木曜)

6月10日(金曜)

【10回目】

自社での実践準備1

7月4日(月曜)

ゼミナール7

7月5日(火曜)

企業が抱えるリスクとリスクマネジメント

7月6日(水曜)

経営革新の実現(ケーススタディー)

7月7日(木曜)

7月8日(金曜)

中小企業のための知的財産活用法

【11回目】

自社での実践準備2

8月1日(月曜)

ゼミナール8

8月2日(火曜)

ゼミナール9 まとめ

8月3日(水曜)

革新プランの実現シナリオの策定(演習)

8月4日(木曜)

8月5日(金曜)

自立型人間・実践講座2

【12回目】

自社での実践準備3

9月5日(月曜)

革新を実現させる経営実践術

9月6日(火曜)

9月7日(水曜)

午前:ビジネスパーソンのコンディションづくり

午後:レポート発表会準備作業

9月8日(木曜)

ゼミナール10 レポートの発表

9月9日(金曜)

午前:ゼミナール10 レポートの発表

午後:経営管理者としての決意表明(演習)

 ※カリキュラムにつきましては、一部変更することがございます。

受講者の声

・ 初めてこの関西校に来た時は「こんな田舎で…」「狭い部屋…」という印象で「一年も楽しくやれるのか?」と思っておりました。月を追う毎に受講者とも交渉も増え本当に色々な経験と貴重な時間を過ごさせて頂きました。自分では感じておりませんが、周りからは「少し変わった」と言われます。この研修の成果を仕事に生かして行きます。

・自身を見つめ直す時間を頂きありがとうございました。今後は、ここで学んだことを、実践していきたいと思います。

企業様の声

・研修をとおして、材料の調達方法・ルートについて斬新な視点や角度から提案があるなど、コストへの意識も向上している。また、伸び悩んでいた事業について、展開方法を検討したことで、社内に良い影響を与え、社員の意識も以前より向上していると感じられる。

・付加価値の向上や神亀顧客の開拓は、効果が出つつある。実践中であるが、研修で学んだ管理手法の導入、付加価値の向上や新規製品の開発など、積極的に業務に活かし取り組んでいる様子が見られる。

・研修を受ける社員を見て、受講前と比べてコミュニケーション能力の向上が見られ、変化を感じている。

受講の申込み

受講申込書、またはオンライン申込みよりお申込みください。
受講申込書からのお申し込みは、FAX(または郵送も可)にてお送りください。

1.受講申込書(PDFダウンロード)

2.オンライン申込み

オンライン申込み

資料のご請求

個別のパンフレットをご用意しております。

資料請求はこちらをご利用ください。

ご利用の際は「第35期経営管理者研修」パンフレット希望とご記入ください。

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 関西校 研修担当
〒679-2282 兵庫県神崎郡福崎町高岡
電話:0790-22-5931
FAX:0790-22-5942
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/kansai/