デザイン活用による商品開発支援

受付終了 研修番号 15-44 場所 人吉校
期間 9月2日(水曜)~9月4日(金曜)/3日間 時間数20時間 受講料 23,000円 定員 30名
対象 経営指導員、支援担当者

研修のねらい

  商品やサービスが溢れる現代の成熟市場においては、品質や機能性といった「機能価値」のみの訴求では、自社商品を選んでもらうことが難しくなっています。
  この研修では、中小企業の商品開発を支援するために、訴求力を高め、類似商品との差別化を図るためのデザイン活用によるサポートの考え方と進め方を、事例及び演習を交えて学びます。

カリキュラム概要

月日 時間 科目 内容 講師
平成27年

9月2日
(水曜)
9時20分~
9時30分
オリエンテーション
9時30分~
12時30分

デザイン活用支援のポイント

  支援を行うにあたり、必要とされる知識と役割を理解します。
・ デザインの基礎と重要性
・ 商品開発プロセスにおけるデザイン
・ デザイン活用支援の流れと期待される役割
・ 公的機関による支援策
松嶌コンサルティング
代表
松嶌 葉子
13時30分~
17時30分
18時00分~
19時30分
受講者交流会
(名刺交換会)
9月3日
(木曜)
9時30分~
12時30分
デザイン活用支援のポイント
13時30分~
17時30分
デザイン活用支援の事例研究   事例研究を通じて、支援の実際を学びます。
・ 支援機関による支援事例研究
9月4日
(金曜)
9時30分~
12時30分
デザイン活用支援の進め方
(演習)
  支援の進め方についてケース演習を通じて学び、今後の支援計画について講師の指導のもと作成します。
・ ケース演習
・ 今後の支援計画の作成
13時30分~
16時30分
16時30分~
16時40分
終講式(修了証書交付・アンケート記入)

※カリキュラムにつきましては、一部変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

講師プロフィール

松嶌 葉子(まつしま ようこ) 松嶌コンサルティング 代表

  グラフィックデザイナー出身の中小企業診断士。カラーコーディネーター2級。
  多摩美術大学・造形学部グラフィックデザイン科卒業後、広告代理店・制作会社にて、広告や販売促進物の企画・制作を担当。インターネット普及後の1996年から、ホームページのプロデュースやネットコンサルティング業務に従事。外資系企業のマーケティング&広報マネージャーを経て、2007年12月に独立。
  支援分野は、広告・宣伝・販売促進、店内POP・ディスプレー、ホームページ構築やSEO、SNS活用などのネットマーケティング戦略、PR・広告戦略、メディア対策、ブランディングなどの販売促進全般。200社を超える中小企業や小規模事業者にコンサルティングを実施。クライアントが実行可能な具体的アドバイスについては定評がある。
  中小機構にて、『指導員のためのデザイン活用支援・ガイドブック』シリーズを執筆。関連テーマのセミナー講師を務める。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 人吉校
〒868-0021 熊本県人吉市鬼木町梢山1769-1
電話:0966-23-6800
FAX:0966-22-1456
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/hitoyoshi/