ヒューマンエラー対策の進め方

受付中 研修番号 17-21 場所 人吉校
期間 2018年1月10日(水曜)~12日(金曜)/   3日間 時間数21時間 受講料 31,000円 定員 30名
対象 管理者、新任管理者
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

 製造現場では、人的ミスにより様々な問題が発生します。人的ミスには対策により防げるものもあるため、すべてを個人の問題として処理せず、発生要因を分析し、組織的に再発防止に取り組むことが重要です。
 この研修では、ポカミス(作業者が意図しないエラー)の予防・防止に必要な着眼点と効果的な対策の考え方を整理し、ヒューマンエラーから生じるポカミス対策を事例を交えて学ぶとともに、自社のポカミス対策について検討します。

カリキュラム概要

月日 時間 科目 内容 講師
平成30年

1月10日
(水曜)
9時15分

9時30分
開講式・オリエンテーション
9時30分

12時30分
ヒューマンエラーとポカミスの発生リスクと要因 ヒューマンエラーとポカミスの関係を示し、様々のヒューマンエラーの発生リスクや発生要因について事例を交えて学びます。 株式会社実践マネジメント研究所
代表
植條 英典
13時30分

17時30分
ポカミス対策(演習) ポカミス発生要因の探索方法を学び、どのようにポカミス対策していくのか事例や演習を交えて学びます。
1月11日
(木曜)
9時30分

12時30分
ポカミス予防(演習) 将来に向けたポカミスの予防方法について、事例や演習を交えて学びます。
13時30分

18時00分
ヒューマンエラー対策の方法と手順(演習) 様々なケースを想定し、ヒューマンエラーの発生に対して、どの様な対策を講じるべきか、演習を交えて学びます。
1月12日
(金曜)
9時30分

12時30分
リスクマネジメント、ヒューマンエラー予防方法(演習) 将来のリスク対策として、ヒューマンエラーやその他トラブルの防止策や、影響が最小に留まるような対策について、講義と演習を交えて考えます。
13時30分

17時00分
自社課題解決(演習) 自社におけるヒューマンエラー及びポカミスの課題を探り、改善案を検討します。
17時00分

17時10分
終講式(修了証書交付・アンケート記入)

※ カリキュラムは変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

※ 初日の講義終了後、受講者交流会(名刺交換会)を校内にて開催いたします。(希望者のみ、会費2,500円)

講師プロフィール

植條 英典(うえじょう ひでのり) 株式会社実践マネジメント研究所 代表取締役

 1981年中堅の家具製造卸会社に入社後、1985年中村技術士事務所に入所。1991年に(株)ビジテック設立に参画し取締役に就任。2004年に実践マネジメント研究所を設立、2016年に法人化し現在に至る。
 中小企業から大企業まで約300社のコンサルティングを行うとともに、中小企業大学校、大阪府工業協会、日本IE協会、商工会議所、海外研修(マレーシア)等でのセミナー講師として活躍中。モットーは「常に企業は人なり」「改善に終わりなし」「ご安全に!!」。

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 人吉校
〒868-0021 熊本県人吉市鬼木町梢山1769-1
電話:0966-23-6800
FAX:0966-22-1456
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/hitoyoshi/