「報・連・相」による職場の活性化

受付中 研修番号 17-16 場所 人吉校
期間 10月25日(水曜)~10月27日(金曜)/   3日間 時間数21時間 受講料 31,000円 定員 35名
対象 経営幹部、管理者
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

 職場では「報・連・相」の徹底により、情報を共有化し、目標達成に向けて組織一丸となった取り組みが必要です。一方で、「報・連・相」の不徹底は、職場で起こるミスやトラブルの原因となるとともに、メンバー間の信頼関係づくりやチームとしての能力発揮の妨げとなります。
 この研修では、組織の能力を最大限に引き出すうえで必要な「報・連・相」の役割を改めて認識するとともに、「報・連・相」を定着させ活かしていく、すぐに使える実践的な方法について、豊富な具体例や演習を交えて学んでいただきます。

このような方におすすめ

○自社で「報・連・相」を定着させたい方
○一体感のあるチームづくりをしたいリーダーの方

ここがポイント!

  • 組織活性化のための「報・連・相」の役割と必要性について学んでいただきます。
  • 職場が変わる、すぐに使える実践的なコミュニケーション術を多数ご紹介します。

カリキュラム概要

月日 時間 科目 内容 講師
平成29年



10月25日
(水曜)
9時15分

9時30分
開講式・オリエンテーション
9時30分

12時30分
「報・連・相」の役割と進め方 組織における情報共有の必要性を改めて認識し、「報・連・相」が組織や業務にもたらす効果について学びます。
・.組織における情報共有の必要性
・コミュニケーションの重要性と方法
・「報・連・相」の効果
・「報・連・相」の導入方法
有限会社ウェーブ
経営コンサルタント
藤田 悠久雄
13時30分

17時30分
10月26日
(木曜)
9時30分

12時30分
管理者に求められる「報・連・相」への対応 管理者として求められる「報・連・相」への対応について、職場での現状を把握したうえで、事例検討や演習を通じて実践力を高めます。
・管理者の立場と役割
・管理者として必要な「報・連・相」の意識
・「報・連・相」の観点で見る問題解決
・「報・連・相」のマネジメント
13時30分

18時00分
10月27日
(金曜)
9時30分

12時30分
自社の「報・連・相」の仕組みづくり(演習) 自社における「報・連・相」の進め方
・自社「報・連・相」の現状確認と問題の抽出
・「報・連・相」の導入計画作成(演習)
・計画のブラッシュアップと組織への定着のポイント
13時30分

17時00分
17時00分
 ~
17時10分
終講式(修了証書交付・アンケート記入)

※ カリキュラムは変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

※ 初日の講義終了後、受講者交流会(名刺交換会)を校内にて開催いたします。(希望者のみ、会費2,500円)

講師プロフィール

藤田 悠久雄(ふじた ゆくお) 有限会社ウェーブ 経営コンサルタント

 1969年細田貿易(株)東京支店入社、1971年家業(菓子製造販売)に従事し商工会青年部に加入。大型店対策のため一級販売士、中小企業診断士、消費生活アドバイザーの資格を取得。
 専門分野は、小売業・サービス業の経営指導、創業支援、販売促進、営業社員、販売員の販売教育。中小企業ベンチャー総合支援センターアドバイザー、広島地域支援センターアドバイザー、広島市産業振興センターアドバイザー、商工会議所、商工会セミナー講師。調理師、製菓衛生師。

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 人吉校
〒868-0021 熊本県人吉市鬼木町梢山1769-1
電話:0966-23-6800
FAX:0966-22-1456
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/hitoyoshi/