1日でわかる会計情報活用 【宮崎教室】

受付中 研修番号 16-36 場所 宮崎商工会議所KITENビル8階コンベンションホール
期間 2017年1月19日(木曜)/1日開催
時間数6時間
受講料 16,000円 定員 30名
対象 経営者、経営幹部、経理部門の担当者
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

開催地

宮崎商工会議所KITENビル8階コンベンションホール

宮崎県宮崎市錦町1番10号

この研修に関する宿泊、食事等の手配はお手数ですが各自でご対応をお願いいたします。

研修のねらい

 経営環境が激しく変化する中で生き残り、そして勝ち抜くためには、自社の経営状態を正しく把握し、保有する経営資源を有効に活用することで、利潤を生みだしていくことが重要です。
 この研修では、儲ける経営、お金を生み出す経営のための会計情報の見方と経営活動での活用方法、そして経済情勢に対応した資金計画の策定に役立つ知識を学びます。

カリキュラム概要

月日 時間 科目 内容 講師
平成29年

1月19日
(木曜)
9時50分

10時00分
オリエンテーション
10時00分

12時30分
管理会計の基本的知識を学ぶ ・管理会計を経営に活かすことについての
 基本的事項を学びます。
・会社がどの方向で経営していけば良いの
 かといった戦略的意思決定の考え方につ
 いて学びます。
・収益性改善の考え方・実践法(売上,原
 価,粗利益,諸経費を組合せて収益性を
 改善)について学びます。
・収益性を改善するための財産(資産)の
 運用法,資金(負債等)の調達法につい
 て学びます。
アジア太平洋
マネジメント
代表
青木 道生
 
13時30分

17時00分
会計情報の実践的活用を学ぶ

・経営管理会計の入門編である損益分岐点
 分析の基礎を学びます。
(1)損益分岐点の考え方
(2)損益分岐点活用法
(3)損益分岐点計算方法と資金分岐点
(4)利益計画策定の基礎となる変動損益
  計算書の構造を理解。
・売上予算→利益計画→資金計画の3つの
 計画の関係を理解することで利益・資金
 計画の基本的策定法をマスターします。
・そのうえで売上予算の策定,利益計画
 の策定,月別計画への展開の方法を学
 びます。
・実現した利益計画を前提に,設備投資,
 借入金の増減から資金計画(キャッ
 シュ・フロー計算書)策定する手法を
 学びます。

17時00分

17時10分
終講式(修了証書交付・アンケート記入)

※ カリキュラムは変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

講師プロフィール

青木 道生(あおき みちお) アジア太平洋マネジメント 代表
 立命館大学アジア太平洋大学卒。地方銀行を経て独立。専門は、「銀行融資」に焦点を当てた中小零細企業・ベンチャー企業向けの経営コンサルティング、財務、経営書企画の立案、策定。銀行融資の基準やポイント等の要素を知り、融資案件全体の「組立」にも精通。中小零細企業・ベンチャー企業と金融機関との架け橋として活躍中。

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード
お問い合わせ・資料請求・御意見等は
中小企業大学校 人吉校

〒868-0021   熊本県人吉市鬼木町梢山1769-1
電話:0966-23-6800    FAX:0966-22-1456
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/hitoyoshi/   

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。