新規事業の考え方と進め方

受付終了 研修番号 16-32 場所 人吉校
期間 8月8日(月曜)~8月10日(水曜)/   3日間 時間数21時間 受講料 31,000円 定員 30名
対象 経営者、経営幹部
研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

「第二の創業期として経営の革新を図る」


 経営環境が激しく変化するなかで、企業存続や雇用を守るために、既存事業を維持する努力だけではなく、創業のごとく強い意志と周到な準備のもと、新事業開発や業態転換を図る「第二創業」が果敢に実行されています。
 この研修では、新事業開発や業態転換を行う際に求められる考え方と実行方法を事例研究を交えて学ぶとともに、講師の指導を受けながら自社の新規事業(第二創業)計画を検討します。

カリキュラム概要

月日 時間 科目 内容 講師
平成28年

8月8日
(月曜)
9時15分

9時30分
開校式・オリエンテーション
9時30分

12時30分
新規事業の意思決定と実行方法 企業存続や雇用を守るための新規事業展開について、経営者等に求められる役割と、具体的な進め方について学びます。

・企業経営における新規事業の必要性
・新規事業展開の全体像
・新規事業検討のためのアイデア抽出法
ビジネスコア・コンサルティング

代表
坂本 篤彦
13時30分

17時30分
8月9日
(火曜)
9時30分

12時30分
新規事業展開の事例研究<1> 経営資源をほとんど持たない新規創業と異なる、第二創業の成功の鍵となる既存資源の効果的活用等について事例を交えて学びます。

・実践企業に学ぶ
・経営資源の効果的活用と転換
・事業計画書の活用
前掲
坂本 篤彦

東京山喜
株式会社
代表取締役社長
中村 健一
13時30分

18時00分
新規事業展開の事例研究<2> 前掲
坂本 篤彦
8月10日
(水曜)
9時30分

12時30分
自社の新規事業計画の検討
【演習】
講師の指導を受けながら自社の新規事業(第二創業)計画を検討します。

・自社の新規事業に対する意思決定
・ありたい姿を描く
・アクションプラン(行動計画)の作成
13時30分

17時00分
17時00分

17時10分
終講式(修了証書交付・アンケート記入)

※ カリキュラムは変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

※ 初日の講義終了後、受講者交流会(名刺交換会)を校内にて開催いたします。(希望者のみ、会費2,500円)

講師プロフィール

●坂本 篤彦(さかもと あつひこ) ビジネスコア・コンサルティング 代表

 昭和62年淑徳大学社会福祉学部卒業。同年、日本マクドナルド株式会社入社。関東地区本部ファースト・アシスタント・マネージャーを経て、平成3年、東京商工会議所に入所。同会議所ベンチャー支援センターにて、ベンチャー企業の事業展開支援や、中小企業のM&Aサポート事業の企画・立案および事業運営に携わる。
 平成14年、同ビシネス・コア・コンサルティングを設立。現在、創業・ベンチャーの事業展開支援など実践型のコンサルティングを業とする。中小企業診断士。

 

●中村 健一(なかむら けんいち) 東京山喜株式会社 代表取締役社長 <事例企業>

 1954年(昭和29年)年京都市生まれ。1977年にカリフォルニア州立大学ロングビーチ校留学、1979年に慶応義塾大学経済学部を卒業し、同年に老舗呉服屋の東京山喜株式会社へ入社。取締役京都支店長、常務取締役を経て、1993年に代表取締役社長に就任。
 1999年にリサイクルきもの「たんす屋」事業を立ち上げる。2001年同事業にて第11回ニュービジネス大賞優秀賞を受賞。著書に『たんす屋でござる』商業界(2006年)、『着るだけで幸せになる』ぜんにち出版(2008年)がある。2006年8月にNHK総合TV「経済羅針盤」に出演。

研修カリキュラムPDFダウンロード

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 人吉校
〒868-0021 熊本県人吉市鬼木町梢山1769-1
電話:0966-23-6800
FAX:0966-22-1456
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/hitoyoshi/