効果的な部下指導・育成法

受付終了 研修番号 16-08 場所 人吉校
期間 8月2日(火曜)~8月4日(木曜)/   3日間 時間数21時間 受講料 31,000円 定員 30名
対象 経営幹部、管理者
研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

「成長しない理由を考え、効果的に伝え、成長させる方法を学ぶ」

 管理者には、部門の成果を上げ目標を達成するために、部下を指導・育成し、その能力を高めることが求められます。
 この研修では、部下の仕事の進め方に着目し、思うように成長しない理由を正しく把握するとともに、望ましい活動を促していくために上司として必要とされる指導方法と環境作りについて学びます。

カリキュラム概要

月日 時間 科目 内容 講師
平成28年

8月2日
(火曜)
9時15分

9時30分
開校式・オリエンテーション
9時30分

12時30分
管理者の役割 部下指導の前提として管理者に求められる役割を学びます。

1.管理者の役割の変化
2.伝える人と伝えられる人の情報格差
株式会社
マネジメント
デザイン

代表取締役
松尾 淳一


株式会社
マネジメント
デザイン

コンサルタント
北川 風太
13時30分

17時30分
マネジメントとは何かを考え、実践する 部下の仕事の進め方に着目し、様々な視点から成長しない理由を考えるとともに、成長していくために必要な指導法を学びます。

1.KKD(勘・経験・度胸)マネジメントの限界を知る
2.部下が成長しない理由を知る
3.上司が指導する内容を分析、分解する
4.モチベーションを上げる動機づけとフィードバックを考える
8月3日
(水曜)
9時30分

12時30分
13時30分

18時00分
人の力だけに頼らないマネジメントを学ぶ いろいろなツールを使ってマネジメントを仕組み化(デザイン)する方法を学びます。

1.人の力だけに頼らないマネジメント
2.SNSを使って上司・部下の関係を可視化する
3.社長の思いや部門の方針を整理して伝える
8月4日
(木曜)
9時30分

12時30分
自社の部下指導計画検討
【演習】
これまで学んできたことをもとに、自社で継続して進める部下指導、育成の計画について検討します。

1.全体像の把握
2.指導するときの3つの注意点
3.モチベーションを上げるための環境づくり
4.自社プラン検討

前掲
北川 風太

13時30分

17時00分
17時00分

17時10分
終講式(修了証書交付・アンケート記入)

※ カリキュラムは変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

※ 初日の講義終了後、受講者交流会(名刺交換会)を校内にて開催いたします。(希望者のみ、会費2,500円)

講師プロフィール

■松尾 淳一(まつお じゅんいち) 株式会社マネジメントデザイン 代表取締役

 セールス、マーケティング、販売から人事、マネジメントに至るまで幅広い実務を経験。その後、教育系企業、経営コンサルティング企業等3社のCOO・取締役を歴任している。
 自らが直接、1,000人を超える部下を指導した経験は、実践から得た”使えるメソッド”としての評判が高い。現在、7社の経営顧問も担当。職種を問わない再現性のあるノウハウが多くの企業の助けとなっている。
 時代の変化とともに、過去の成功法則が通用しなくなっている現在、多くの経営者、マネージャーがその方法論に悩み苦しんでおり、 組織に変革と成長をもたらす理論は、組織と部下を持つ立場にある者から多くの共感を呼ぶ。

北川 風太(きたがわ ふうた) 株式会社マネジメントデザイン ITマネジメント部門 コンサルタント

 ウェブマーケティングやIT活用の支援を行う会社を18歳で起業。マネジメントデザインに参画後は、ITや仕組みと人材育成の必要性を説き、仕組みによるマネジメントの課題解決に定評がある。人材育成だけではなく、顧客接点をマネジメント視点で最適化する支援も行っており、200社を超える会社を成功させた実績を持つ。

研修カリキュラムPDFダウンロード

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 人吉校
〒868-0021 熊本県人吉市鬼木町梢山1769-1
電話:0966-23-6800
FAX:0966-22-1456
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/hitoyoshi/