中小企業大学校開校記念講演(人吉校・直方校合同)

いい会社になるための100の指標
<小さくても「いい会社」になる>

 中小機構九州本部では、中小企業大学校直方校の開校30年、中小企業大学校人吉校の開校20年を記念したセミナーを開催いたします。
 記念講演では、中小企業研究の第一人者で「日本でいちばん大切にしたい会社」等の著者である、法政大学大学院教授 坂本光司先生をお招きします。
 厳しい経営環境下において、企業の規模は小さくても、業績を伸ばし続けている企業があります。7000社以上の調査から見出した100の指標を通して、企業が目指すべき正しい経営の姿について、お話しをいただきます。

◆日時:平成27年10月22日(木曜)

◆会場:中小機構九州本部 1階セミナールーム
   (福岡市博多区祇園町4-2 サムティ博多祇園BLDG.)

◆定員:30名 【無料】
    たくさんのご応募ありがとうございました。
    定員に達したため、キャンセル待ちでの受付となります。

◆対象者:経営者、経営幹部、管理者等

講師紹介(敬称略)

坂本 光司(さかもと こうじ)法政大学大学院政策創造研究科 教授(研究科長)

1947年静岡県生まれ。法政大学経営学部卒業。浜松大学教授、福井県立大学教授、静岡文化芸術大学教授などを経て、2008年より現職。他に、国・自治体などの審議会や委員会の委員を多数兼務。
専門は中小企業経営論、地域経済論、福祉産業論。徹底した現場派で、これまでに7000社を超える中小企業を訪問し、調査、アドバイスを行なっている。著書に「なぜこの会社に人財が集まるのか」「小さくてもいちばんの会社」「日本でいちばん大切にしたい会社」ほか多数。

坂本光司

カリキュラム

月日 時間 内容 講師(敬称略)
10月22日
(木曜)
14時00分

14時10分
開講挨拶 中小機構九州本部
本部長 齊藤 三
14時10分

14時30分
中小企業大学校事業説明 中小企業大学校
人吉校
校長 美野 洋二
14時30分

16時30分
【記念講演】
「いい会社になるための100の指標」
<小さくても「いい会社」になる>
企業の規模は小さくても、業績を伸ばし続けている企業があります。7,000社以上の調査から見出した100の指標を通して、企業が目指すべき正しい経営の姿についてお話いただきます。
法政大学大学院
政策創造研究科
教授 坂本 光司
16時30分

16時40分
終講挨拶 中小企業大学校
直方校
校長 山脇 修

お申込み方法

以下のリンクより申込書をダウンロードいただき、必要事項をご記入のうえFAX又は郵送にてお申込みください。

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

本件に係るお問い合わせは

〒868-0021 熊本県人吉市鬼木町梢山1769-1
中小企業大学校人吉校 研修課
電話:0966-23-6851  FAX:0966-22-1456