経営管理者養成コース(第19期)

受付終了 研修番号 15-31 場所 人吉校
期間 7月21日(火曜)~12月18日(金曜)/ 【インターバル】4日間X6回
 24日間 時間数180時間
【第1回】7月21日~24日
【第2回】8月18日~21日
【第3回】9月15日~18日
【第4回】10月20日~23日
【第5回】11月17日~20日
【第6回】12月15日~18日
受講料 293,000円 定員 20名
対象 経営幹部、管理者

研修のねらい

 経営幹部、後継者、管理者として、経営に関する基礎的な理論・実務的知識を体系的に習得し、自己の革新と自社の経営革新を実現するために必要とされる総合的な経営マネジメント能力を身に付け、企業経営の中枢を担う人材の育成をねらいとしています。
 本コースでは、実務経験豊富な全国レベルで活躍する講師陣が体系的なカリキュラムに沿って、十分な時間をかけて講義と演習指導を行います。さらに、少人数指導のゼミナール(課題研究)では、仮説検証型の戦略策定法により実行性の高い改善策を立案します。

カリキュラム概要

第1回(7月)

月日 時間 科目 内容 講師
平成27年
7月21日
(火曜)
9時00分

9時30分
開講式・オリエンテーション
9時30分

12時00分
経営管理と自己革新   企業経営に関わる者として、自己革新をいかに行うか、その心構え、考え方、手法の核となるハイブリット思考法について学びます。
 ・ハイブリット思考法とその応用
 ・自己強化プログラム
 ・「私」の自立、革新
有限会社インタープレフ・マネジメント
代表取締役
宇治川 一清
13時00分

16時30分
17時00分

18時30分
受講者交流会(名刺交換会)
7月22日
(水曜)
9時00分

12時00分
リーダーシップとコミュニケーション   管理者に求められるリーダーシップの基本を学ぶと共に、組織運営や業務を円滑に進めるために必須のコミュニケーション手法について学びます。
 ・管理者の役割とリーダーシップ
 ・リーダーシップを高めるコミュニケーション
株式会社フェアウィンド
代表取締役
中井 嘉樹
13時00分

18時00分
7月23日
(木曜)
9時00分

12時30分
13時30分

18時00分
ロジカルシンキングの基本と活用   グループ演習等を通じて、問題発見・問題解決の思考技術、フレームワークを活用した論理的思考力を鍛えます。
 ・問題発見と問題解決の思考技術
 ・仮説と検証
 ・フレームワーク活用による問題解決手法
アライビジネススクリード
代表
新井 美砂
7月24日
(金曜)
9時00分

12時00分
13時00分

17時00分

第2回(8月)

月日 時間 科目 内容 講師
8月18日
(火曜)
9時00分

12時00分
企業会計の基礎   経営管理者として最低限必要なBS・PL等の決算書の仕組みと読み方、企業会計の基本について学びます。
 ・BS・PLの仕組みと読み方
 ・財務分析の基本
 ・損益分岐点分析
 ・ビジュアル分析
財務リスク研究所株式会社
代表取締役
横山 悟一
13時00分

17時00分
8月19日
(水曜)
9時00分

12時00分
13時00分

18時00分
8月20日
(木曜)
9時00分

12時00分
キャッシュフロー分析   キャッシュフロー計算書の考え方と経営への活かし方について学びます。
 ・利益とキャッシュが一致しない理由
 ・資金繰り表
 ・キャッシュフロー計算書の考え方、活かし方
 ・キャッシュフロー分析
13時00分

18時00分
8月21日
(金曜)
9時00分

12時00分
自社の財務分析   今までの講義を踏まえ、自社の決算書を使って財務分析を行います。更に、財務分析から見える自社の課題を探ります。
13時00分

18時00分

第3回(9月)

月日 時間 科目 内容 講師
9月15日
(火曜)
9時00分

12時00分
経営戦略   経営戦略策定に必要となる基礎的な知識、技法をケース演習、グループ討議を通じて体系的に学びます。
 ・経営戦略概論
 ・経営戦略手法
 ・戦略策定の基本プロセス
 ・経営戦略立案ケーススタディ
溝井&パートナー経営コンサルティング事務所
代表
溝井 伸彰
13時00分

18時00分
9月16日
(水曜)
9時00分

12時00分
13時00分

18時00分
9月17日
(木曜)
9時00分

12時00分
13時00分

17時00分
9月18日
(金曜)
9時00分

12時00分
ゼミナール
(課題研究1)
  ゼミナールにより自社または個別の課題解決力を身につけます。
 ・自社の内外環境分析
 ・自社の経営理念、ビジョン、戦略の確認
 ・自社の課題把握
 ・次回までの検討課題の確認
純経営コンサルオフィス 代表
中村 純治

株式会社ウィレンス
代表取締役
島ノ内 英久

有限会社薗田経営リスク研究所
代表取締役
薗田 恭久

(前掲)
溝井伸彰
13時00分

17時00分

第4回(10月)

月日 時間 科目 内容 講師
10月20日
(火曜)
9時00分

12時00分
マーケティングの基本と実践   マーケティングの基礎理論と実践方法及び自社のマーケティングを考えるヒントをケース演習、グループ討議を通じて学びます。
 ・ベネフィット
 ・セグメンテーションとターゲット
 ・4P
 ・想い
 ・マインドフロー(お客様のココロの流れ)
 ・ケーススタディ
ストラテジー&タクティクス株式会社
代表取締役社長
佐藤 義典
13時00分

18時00分
10月21日
(水曜)
9時00分

12時00分
13時00分

17時00分
10月22日
(木曜)
9時00分

12時00分
ゼミナール
(課題研究2)

  ゼミナールにより自社または個別の課題解決力を身につけます。
 ・全社戦略、個別戦略の策定
 ・経営計画、アクションプランの立案
 ・次回までの検討課題の確認

(前掲)
中村 純治

(前掲)
島ノ内 英久

(前掲)
薗田 恭久

(前掲)
溝井 伸彰
13時00分

18時00分
10月23日
(金曜)
9時00分

12時00分
13時00分

17時00分

第5回(11月)

月日 時間 科目 内容 講師
11月17日
(火曜)
9時00分

12時00分
組織活性化と人事考課の考え方・進め方   コンピテンシーの考え方を用いた組織活性化のポイント、具体策について導入事例等を通じて学ぶとともに、従業員のモチベーション向上に効果的な人事考課者の心構え、考え方・進め方を具体事例やロールプレイング演習を通じて学びます。
 ・組織活性化の7つの具体策
 ・組織の健康診断
 ・人事考課の心構え、進め方
有限会社人事政策研究所
代表
望月 禎彦
13時00分

18時00分
11月18日
(水曜)
9時00分

12時00分
13時00分

17時00分
11月19日
(木曜)
9時00分

12時00分
ゼミナール
(課題研究3)
  企業の経営現場を見聞する現地講義で生の経営のあり方を学ぶとともに、インターバル期間中に経営幹部とともに練り上げた経営計画案、アクションプランをブラッシュアップします。
  ・経営計画、アクションプラン等の試行状況確認
 ・経営計画、アクションプラン再検討
(前掲)
中村 純治

(前掲)
島ノ内 英久

(前掲)
薗田 恭久

(前掲)
溝井 伸彰
13時00分

18時00分
11月20日
(金曜)
9時00分

12時00分
13時00分

17時00分

第6回(12月)

月日 時間 科目 内容 講師
12月15日
(火曜)
9時00分

12時00分
経営計画   経営計画の意義と策定手順、経営計画策定のポイントについて、ケース演習、グループ討議を通じて学びます。
 ・戦略を実行に移すためのしくみ
 ・経営計画策定のポイント
 ・経営計画策定演習
税理士事務所フォーサイト・パートナーズ
代表
安見 正悟
13時00分

18時00分
12月16日
(水曜)
9時00分

12時00分
13時00分

17時30分
17時30分

18時00分
機構支援事業の紹介
12月17日
(木曜)
9時00分

12時00分
ゼミナール
(課題研究4)
  インターバル期間中に経営幹部とともに練り上げた経営計画・アクションプランを精査し発表資料を作成します。
 ・社内検討結果の反映
 ・経営計画、アクションプランの精査
 ・発表資料作成
(前掲)
中村 純治

(前掲)
島ノ内 英久

(前掲)
薗田 恭久

(前掲)
溝井 伸彰
13時00分

18時00分
12月18日
(金曜)
9時00分

12時00分
  研究発表会
 ・全体発表
 ・質疑応答
 ・講評
13時00分

16時30分
16時30分

16時50分
終講式(修了証書交付・アンケート記入)

※ カリキュラムは変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

講師プロフィール

宇治川 一清(うじがわ かずきよ)有限会社インタープレフ・マネジメント 代表取締役

 1961年東京都生まれ。東京理科大学機械工学科中退。本田技研工業、ソフトウェア製作会社を経て1988年業務管理用ソフトウェア業で独立。1992年中小企業診断士登録、資格は1998年返納。
 小規模企業のあらゆる問題に対応する総合型コンサルタントとして、これまで2400社以上をコンサルティング、通信経営塾などで支援。マーケティング技術から自己管理まで、幅広い視点を持って活動中。全国各地の公的機関で経営者支援を中心に熱血型セミナーを実施中。ハイブリッド経営コンサルタント。
 得意分野は、経営テクニックと自己管理・気分のコントロールの「ハイブリッド」、売れる事業を見抜く「眼力」、社会やお客様の役に立って必要とされる「お客様学」、短時間に事業計画を作り実行する「ワークシート」「プロジェクト10」、広告宣伝手法の「お客様を育てるマーケティング」など。


中井 嘉樹(なかい よしき)株式会社フェアウィンド 代表取締役

 1959年生まれ。同志社大学卒業後、(株)内田洋行、(株)キーエンスを経て、(株)日本ブレーンセンター(現 エン・ジャパン(株))にてチーフコンサルタント・取締役を務めた後、現職。
  専門分野は、経営戦略、リーダー・管理者育成、営業力・販売力強化などの戦略的な組織力・人材力強化を中心としたコンサルティング。豊富な現場実績と体系的な理論に基づいた実践的な指導で定評を得る。中小企業大学校、商工会議所、商工会等の公的機関におけるセミナー講師、各企業における研修企画・講師としても活躍中。経済産業大臣認定中小企業診断士、経済産業大臣推奨ITコーディネータ。
 近著「自分で売るな!部下に売らせろ!」(PHP研究所)、「チーム力を高める魔法の力」(経営書院)、「はじめての部下指導の心得」(経営書院)、「会社を変える!40歳の仕事力」(共著 PHP研究所)、「はじめてのOJTリーダーの心得」(経営書院)、「新入社員基礎講座」(共著 経営書院)


新井 美砂(あらい みさ)アライビジネススクリード 代表

 製造小売業や飲食業等多数のコンサルティング業務の他に、中小企業支援担当者向け研修の講師や中小企業診断士養成課程の企業診断実習指導員、各種公的機関における研修・セミナー講師を務めるなど、豊富な経験を持つ。
 中小企業診断士、1級販売士、PMC(プロジェクトマネジメントコーディネータ)


横山 悟一(よこやま ごいち)財務リスク研究所株式会社 代表取締役

 法政大学在学中に2度の起業経験あり。その後、会計事務所、経営コンサルティング会社等の勤務を経て、コンサルティング事務所を開業。学生起業時に身をもって体験した「資金繰りの失敗」をきっかけに財務を学び始め、今では公認会計士、税理士、アナリスト、上場企業の幹部等を対象にセミナーを開催するまでのノウハウを構築している。今までに分析した企業は5000社を超え、あらゆる企業の決算書と日々闘う第一線のプロ。


佐藤 義典(さとう よしのり)ストラテジー&タクティクス株式会社 代表取締役社長

 早稲田大学政治経済学部卒業後、NTTで営業・マーケティングを経験後、MBAを取得。外資系メーカーにて、ガムのブランド責任者としてマーケティング・営業・開発・製造などを統括。その後、外資系マーケティングエージェンシー日本法人にて、営業チームのヘッド、コンサルティングチームのヘッドなどを歴任。2006年ストラテジー&タクティクス株式会社設立、代表取締役社長に就任。


望月 禎彦(もちづき よしひこ)有限会社人事政策研究所 代表

 有限会社人事政策研究所代表。株式会社あしたのチーム社外取締役。1960年生まれ。立教大学卒業後、ユニ・チャーム株式会社人事部を経て、有限会社人事政策研究所を設立。中小企業大学校講師も務める。支援先を中堅・中小企業に絞り、さまざまな人事支援サービスを展開。「行動」をベースにした独自のコンピテンシー理論を駆使し、支援先企業を徹底的に指導するのが特徴。


安見 正悟(あずみ しょうご)税理士事務所フォーサイト・パートナーズ 代表

 同志社大学大学院経済学研究科修了後、尾上会計事務所に入所。平成18年、平成19年TKC全国会中央研修所税務情報システム研修プロジェクト常任講師を務める。楽しく活力のあるセミナーで大手ハウスメーカーや金融機関のセミナー講師も務める。日頃は中堅・中小企業の経理指導及び経営者の良き相談相手として活躍中。

講師(ゼミナール)プロフィール

中村 純治(なかむら じゅんじ)純経営コンサルオフィス 代表

 大手家電メーカーや大手半導体メーカーのエンジニアを経て、2007年に中小企業診断士として開業。福岡県の商工会で経営窓口相談や経営革新計画の作成支援に携わった後、2010年より(独)中小企業基盤整備機構九州本部にて企業のモノづくり支援・経営支援に携わっている。経営戦略・知財戦略・技術戦略・経営組織・管理会計・マーケティング戦略等を中心とした技術経営(MOT)分野に強みを持つ。特に研究開発部門や生産工程部門の支援を得意としている。


島ノ内 英久(しまのうち ひでひさ)株式会社ウィレンス 代表取締役

 1967年長崎県佐世保市生まれ。九州大学大学院卒(工学修士)。ヤンマー(株)にて生産技術を担当後、米国イリノイ大学PIM(国際経営管理者養成プログラム)課程留学。帰国後プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント(株)およびKPMGコンサルティング(株)での業務改革コンサルタントを経て、経営改善実践コンサルティング会社、株式会社ウィレンス代表取締役。年商1億円から80億円までの中堅・中小企業への経営改善計画書作成および経営幹部、若手社員への教育、指導などを通じた経営改善実践を専門とする。中小企業診断士。


薗田 恭久(そのだ やすひさ)有限会社薗田経営リスク研究所 代表取締役

 1955年生まれ。福岡大学大学院修了(経営学修士)。中小企業診断士・認定事業再生士(CTP)。事業承継支援、事業再生支援、経営革新支援、及びBCP・BCMを含む企業経営リスクマネジメント構築支援などの企業の経営コンサルティングを実施するとともに、中小企業大学校、金融機関、商工会議所、自治体等が主催する研修において、事業承継、企業リスクマネジメントなどの分野で講師を務めている。


溝井 伸彰(みぞい のぶあき) 溝井&パートナー経営コンサルティング事務所 代表

 明治大学政治経済学部卒業後、(株)国連社、(株)ODS、(株)ミツウロコを経て(株)ティビーシーでコンサルティング事業部長就任。ベンチャー支援のため専門家を組織しベンチャー企業、中小企業に対するコンサルテーションを実施。その後、独立。起業家の育成、創業支援及び経営コンサルティングを行う。コンサルティング実績は、試作業、広告業、美容業、美容ディーラー業、専門商社、整体業、樹脂製品問屋業等多岐にわたる。中小企業基盤整備機構などでアドバイザーを務めるなど、各方面で活躍中。中小企業診断士。
 著書に「となりの「美容院」が儲かっている本当の理由―誰でも今日からやれる5つのアクション」ぱる出版、「なぜか上手くいく社長の、「失敗しない」しくみ―大振りで狙う勝ちより負けをなくす経営 困難突破マニュアル」ぱる出版、「小さな会社の「移転・引越し」マニュアル―スリムな組織に合ったオフィス環境へ」(共著) ぱる出版。

 

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 人吉校
〒868-0021 熊本県人吉市鬼木町梢山1769-1
電話:0966-23-6800
FAX:0966-22-1456
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/hitoyoshi/