経営トップセミナー これからの中小企業経営

受付中 研修番号 17-39 場所 広島校
期間 2018年3月2日(金曜)~2018年3月3日(土曜)/2日間 受講料 22,000円 定員 30名
対象 経営者・経営幹部・管理者等
オンライン申込み

研修のねらい

昨今、めまぐるしい経済状況の変化、市場の成熟、企業間競争の激化など、中小企業を取り巻く環境は厳しい状況にあります。そのような中、今後、企業が存続・発展するためには、いかに経営環境の変化に適応していくかが重要です。
この研修では、中小企業を取り巻く経営環境の変化に対応し、企業が継続的に成長するための新たな視点や考え方を事例を交えながら学んでいただきます。

カリキュラム概要

月日 時間 科目 講師 内容
3月2日(金曜) 9時50分~10時00分 開講式・オリエンテーション    
10時00分~13時00分 こうすれば社員と組織は成長できる!組織改革の必要性と推進ポイント 株式会社ENTOENTO
代表取締役 松本 順市 氏
 
これまでの日本経済と今後の経営環境予測から、人材の育成と組織改革を行っていく必要性を理解します。
さらに、講師が取り組まれた組織改革の事例から、会社と社員が成長できる組織とはどのようなものか、また改革を進める際のポイント、克服するべき課題と解決法などを理解します。
 
14時00分~14時30分 事例企業から学ぶための視座 東洋大学 経営学部 教授
井上 善海 氏
 
おもてなし経営で成功している事例企業3社の概要を紹介し、受講の際の視座としていただきます。
14時30分~17時00分 【事例1】有限会社おづつみ園
伝統を守りながら革新を続ける地域密着企業が実践する経営術
 
有限会社おづつみ園
代表取締役社長 尾堤 宏 氏
コーディネーター
(前掲) 井上 善海 氏
 
過去8年間の離職率は0%(通常の企業平均は12%)。ES(従業員満足)経営を実践し、「お客様の健康と環境の浄化を第一に考え、お茶を通して地域社会に貢献し続けている」茶小売業。その結果、顧客リピート率は食品小売業としては驚異の93%を誇っています。
17時15分~18時45分 受講者交流会    
3月3日(土曜) 9時30分~12時00分 【事例2】セリオ株式会社
「社員の幸福の実現」を明言する経営者の、改革への決意と実践
 
セリオ株式会社
代表取締役社長 壹岐 敬 氏
コーディネーター
(前掲) 井上 善海 氏
 
紆余曲折を経て当社の社長となった壹岐氏は、ある事件をきっかけに経営の大改革に乗り出しました。「社員の幸福の実現」を経営理念とし、組織体制も社員の自主性と顧客志向のスピーディな意思決定が行える組織へ変更するなど取り組まれています。
13時00分~15時30分 【事例3】東海バネ工業株式会社
バネ市場のニッチトップ企業の、従業員の成長と企業の成長を実現する経営
 
東海バネ工業株式会社
代表取締役社長 渡辺 良機 氏
コーディネーター
(前掲) 井上 善海 氏
 
高度成長期に多くのバネメーカーが機械化、量産にシフトして業容を拡大する中、職人の手作業によるバネづくりに特化し、「東海バネでしかつくれない」といわれるバネを数多く創出。価格競争をしない経営により1944年の創業以来黒字経営を続けています。その根幹となっているのは、社員の持てる能力を最大限引き出し成長できるように支援する経営です。
15時30分~16時30分 事例企業から学ぶ成功のポイント (前掲) 井上 善海 氏 3社の事例をもとに、おもてなし経営並びにその成功ポイントをまとめ、明日からの経営に役立てていただきます。
16時30分~16時40分 終講式   修了証書の交付

講師プロフィール

東洋大学 経営学部 教授井上 善海(いのうえ ぜんかい)氏

大学卒業後、会社経営、経営コンサルタントを経て大学院へ進学し、博士(商学)の学位を取得。2004年広島大学大学院社会科学研究科教授、2013年より東洋大学経営学部、大学院経営学研究科教授。専門分野は、事業創造、経営戦略、スモールビジネス。企業の事業戦略や自治体の政策形成等に関する指導、研修、講演、執筆活動など各方面で幅広く活躍中。著書は「7つのステップで考える戦略のトータルバランス」(中央経済社)、「中小企業の戦略」(同友館)の他、多数。

 

株式会社ENTOENTO代表取締役 松本 順市(まつもと じゅんいち)氏

鮮魚小売の「魚力」にて社長の参謀を務め、様々な業務改革に取り組む。5K産業の鮮魚小売業界初のサービス残業なし、週休2日制を実現する。さらには、社員を成長させる人事制度の構築運用に取り組み、業績向上を実現。同社は、30年連続増収収益を実現し、東証二部上場に至る。その後、株式会社ENTOENTOの代表として、中小企業を中心に社員を成長させる人事制度づくりのノウハウを提供する。日本の過去50年間の人事制度のつくり方とは異なり、経営者の評価と賃金の決め方を可視化してつくる画期的な人事制度は経営者から大きな支持を得ている。人事コンサルティング業界において日本で初めて満足保証(返金保証)をつけ、今まで3社に返金。成功率は、業界ダントツの99、6%。人事制度の構築支援実績数は日本一の807社。著書に、「即戦力に頼る会社は必ずダメになる」(幻冬舎)など多数。

 

有限会社おづつみ園代表取締役社長 尾堤 宏(おづつみ ひろし)氏

1959年生まれ。明治学院大学社会学部社会福祉学科を卒業後、埼玉県春日部市の家業後継を志し静岡県の茶農家で1年間の農業研修。引続き2年目は、国立茶業試験場にてお茶の成分分析、流通の研修をする。1985年明治元年創業の茶栽培、製造小売の家業に戻る。代表取締役に就任(当社5代目)。顧客、従業員、地域を大切にする経営を実践し、第1回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」において特別賞を受賞。よりよいお茶をお客様に提供する事を心がけ、おづつみ園でしかできない何か新しい事を追及している。

 

セリオ株式会社代表取締役社長 壹岐 敬(いき たかし)氏

1956年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、住友銀行に入行。大企業取引のエキスパートとして活躍していたが、NPO法人の立ち上げに参画するために1991年住友銀行を退社。その後、ベンチャー企業数社で株式公開担当役員等を歴任。 2005年、オーナーの依頼でソフトウェア開発を主業とする岡山県のセリオに入社。2010年、オーナーが急逝し、社長に就任。経営理念として「社員の幸福実現」を掲げ、同族経営からの完全脱却を図り、ビジネスモデルを一新した。2014年には、理念経営を貫くためにオーナー一族の株式をすべて買い取るMBOを実施した。「人を大切にする経営学会」に参画し、積極的にイノベーションを実施している。

 

東海バネ工業株式会社代表取締役社長 渡辺 良機(わたなべ よしき)氏

1945年大阪府生まれ。1973年入社。1984年社長に就任。同業他社が大量生産体制にシフトする中、あくまでもフルオーダーメイドの多品種微量生産に特化し、その為25年前からコンピューターを活用して、他社の追従を許さない多品種微量生産対応システムを構築した。同時に、「メーカーは卓越した技術力を保有してこそメーカーで有る。」を信念に行動。その結果「原子力発電設備用安全弁用コイルバネ」「マシニングセンター用サラバネ」「水門ゲート用安全装置(ゲートロボ)」といった製品など、日本国内市場でシェアNO1のバネ製品を数多く擁している。日本ばね工業会副会長。2004年度全国IT経営百選最優秀賞、2008年ポーター賞、2009年「中小企業IT経営力大賞2009(経済産業大臣賞)」ほか受賞歴多数。2012年藍綬褒章 受章。

オンライン申込み

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 広島校 研修担当
〒733-0834 広島県広島市西区草津新町1-21-5
電話:082-278-4955
FAX:082-278-7201
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/hiroshima/
E-mail:hiro-kenshu@smrj.go.jp