経営管理者養成コース(第27期)

受付終了 研修番号 16-41 場所 広島校
期間 2016年7月5日(火曜)~2017年1月20日(金曜)/全28日間(4日間×7回)インターバル研修 受講料 293,000円 定員 20名
対象 経営幹部・管理者等
オンライン申込み

研修のねらい

経営環境が目まぐるしく変化する状況の中で、中小企業が継続して成長していくためには、革新的な経営戦略を絶えず構築するとともに、その実現に向けた積極的な事業活動を展開することが求められています。また、自社独自の顧客価値を創造する事業を展開するためには、経営幹部や管理者が、自らの役割と責任を認識し、企業経営の仕組みを十分に理解した上で、幅広く柔軟な視点から自社(自部門)の経営戦略を立案し、目標達成のために企業活動をマネジメントすることが重要です。
そこで、本コースでは、企業が経営戦略を構築して実践する上で重要な役割を担う経営者や経営幹部、管理者に必要となる知識やマネジメントの手法等について、事例研究、グループ討議等の演習を交えながら、自社課題の解決に向けた総合的な経営管理能力を習得していただきます。
 

研修のポイント

(1)経営環境の変化とこれからの経営指針
(2)管理者に求められる役割と能力
(3)企業経営と経営管理の基礎
(4)人事制度、マーケティング戦略、IT活用、決算書の仕組み
(5)自社の経営力分析(経営環境分析、自社資源分析、財務分析)
(6)新たな経営戦略の構築と経営計画の作成
(7)自社の課題研究(ゼミナール)

カリキュラム

第1回
れからの時代に求められる企業経営のあり方や経営管理者として必要な役割と能力、会計の基本について学んでいただきます。

月日 時間 科目 講師 内容
7月5日
(火曜)
9時30分~9時40分 開講式・オリエンテーション    
9時40分~12時40分 経営環境の変化とこれからの経営指針 S&Gビジネスディレクション株式会社
代表取締役社長
吉田 史朗
中小企業を取り巻く現在の経営環境や変化の動向について認識し、これからの時代に求められる企業経営のあり方を学んでいただきます。
13時40分~16時40分 経営管理者に求められる役割と能力 有限会社ウェーブ
経営コンサルタント
藤田 悠久雄
 
管理の原理、原則、経営管理者としての心構えや果たすべき役割、幅広いマネジメント能力について学んでいただきます。
17時00分~18時30分 受講者交流会
7月6日
(水曜)
9時20分~12時20分 経営管理者に求められる役割と能力
13時20分~17時20分 研修期間中の目標等の発表 〔コーディネーター〕
前掲
藤田 悠久雄
受講者全員に、開講前に配布する「事前アンケート」に基づいて、本研修における各自の目標等を発表していただき、相互理解を深めていただきます。
7月7日
(木曜)
9時20分~12時20分 企業会計の基本 株式会社ネットワーク経営広島
取締役コンサルティング事業部長
生塩 千秋
企業の財務状況を把握するためには、決算書を正確に読むことが重要です。ここでは最初に決算書の仕組み、読み方を習得していただきます。さらに、損益分岐点、キャッシュフロー計算書についても、理解を深めていただきます。
・決算書の仕組み、読み方
・損益分岐点
・キャッシュフロー計算書
13時20分~16時20分
7月8日
(金曜)
9時20分~12時20分
13時20分~16時20分

第2回
自社の財務分析、改善策を検討していただき、経営戦略の立て方と進め方について学んでいただきます。

月日 時間 科目 講師 内容
8月2日
(火曜)
9時20分~12時20分 自社の財務分析 前掲
生塩 千秋
自社の財務内容の強みや弱みを把握することは、戦略的経営活動を実践するうえで重要となってきます。ここでは、財務分析の目的と手法を学んでいただき、自社の決算書を基に、自社の損益分岐点分析などを行って財務体質の把握をし、改善策や財務戦略を考えていただきます。
・財務分析による自社の財務体質の把握
・自社の課題改善策
・自社の財務戦略の作成
13時20分~16時20分
8月3日
(水曜)
9時20分~12時20分 経営戦略の立て方と進め方 東洋大学
教授
井上 善海
企業を成長させるためには、経営革新への積極的な取り組みが求められます。ここでは、事例を通じて戦略の重要性を学んでいただきます。そのうえで、企業を取り巻く経営環境や、自社の強み、弱みを的確に捉える分析手法についてケーススタディーを交えて習得していただきます。
また、経営戦略を策定し、その戦略を具体的に実践していくための方法を、演習やグループディスカッションを交えて学んでいただきます。
・経営戦略とは
・経営理念と経営戦略
・戦略立案のためのプロセス
・戦略立案のための分析手法(SWOT分析)
・経営戦略の立案
・経営戦略を実践する計画作り
13時20分~17時20分
8月4日
(木曜)
9時20分~12時20分
13時20分~17時20分
8月5日
(金曜)
9時20分~12時20分 ゼミナール【1】

1.販売・マーケティング
2.経営戦略
3.経営革新
4.経営財務
1.株式会社創研
代表取締役
西原 裕

2.有限会社薗田経営リスク研究所
代表取締役
薗田 恭久

3.株式会社ビジネスブレイン
代表取締役
松浦 和夫

4.株式会社BCC
代表取締役
六角 清
ゼミナールでは、1月までの6ヶ月間を通して、自社の現状を分析し、自社の課題の発見と解決に取り組みます。現状分析能力、問題発見能力および改善能力を習得することに加えて、現実の自社課題を解決するための具体案を作成することで、すぐに経営に活用できる提案を行うことができます。

第1回目は、講師とのディスカッションを行い、研究テーマの設定に向けた課題発見に取り組みます。
13時20分~16時20分

第3回
企業法務、マーケティングの基本から活用法、顧客、市場開拓の方法について演習を交えながら学んでいただきます。

月日 時間 科目 講師 内容
9月6日
(火曜)
9時20分~12時20分 マーケティングの知識とその活用法

顧客・市場開拓の方法
MORE経営コンサルティング株式会社
代表取締役
日野 眞明
マーケティングを基本から学び、顧客満足を実現するための知識の活用法について事例を交えて学んでいただきます。
また、顧客の抱える課題を明確にし、その課題に応えるための提案を通じて顧客満足を高めることにより、企業の売上を伸ばすことができます。ここでは、新規顧客の開拓、既存顧客の深耕等について、事例や演習を交えて学んでいただきます。
・マーケティングとは
・顧客志向の重要性
・マーケティング戦略の構築
・新規顧客の開拓
・既存顧客の深耕
・提案型営業
13時20分~16時20分
9月7日
(水曜)
9時20分~12時20分
13時20分~16時20分
9月8日
(木曜)
9時20分~12時20分 経営に役立つ企業法務 アイマン総合法律事務所
弁護士
安部 将規
 
企業が適正に経営を展開していくために、重要となる企業法務のポイントについて学んでいただきます。また、企業に損害を与える様々なリスクに対して、どのように対応したらよいかを学びます。
・コンプライアンス(法制や企業倫理等の遵守)の重要性
・経営陣の法的な責任と権限
・危機管理のポイント
・取引先が倒産した場合の対応策(債権の管理回収等について)
・個人情報保護について(もし、貴方の会社で個人情報の漏洩があったら)
・競業禁止について(もし、貴方の会社の役職員が同業他社に転職したいと言ったら)
13時20分~16時20分
9月9日
(金曜)
9時20分~12時20分 ゼミナール【2】 1.前掲
西原 裕

2.前掲
薗田 恭久

3.前掲
松浦 和夫

4.前掲
六角 清
自社の現状分析をまとめ、研究テーマにすべき課題を絞り込み、改善に向けた仮説の検討を始めます。
13時20分~16時20分

第4回
自社の強みを活かす情報戦略、知的財産、組織の活性化と人事労務のあり方について学んでいただきます。

月日 時間 科目 講師 内容
10月4日
(火曜)
9時20分~12時20分 知的財産活用のおさえておくべきポイント ディスプロ株式会社
代表取締役社長
桑原 良弘
経営の視点からみた知的財産について学んでいただきます。
・知的財産とは
・知的財産権の活用方法
・知的財産係争の対応事例
13時20分~16時20分 情報技術を活用した企業経営 株式会社ピットイン・リンクス
代表取締役
久保田 浩二
企業経営において、製品やサービスで他社との差別化を図り、競争優位を確立するためには、情報技術を戦略的に活用することが重要です。ここでは、情報技術を活用した事例を交えながら、自社の強みを活かす情報戦略について学んでいただきます。
10月5日
(水曜)
9時20分~12時20分 組織と人事 エムストリームコンサルティング株式会社
代表取締役
植田 正樹
 
組織を活性化させる考え方と、社員の意欲を引き出す人事労務管理のあり方について学んでいただきます。
・組織形態の種類
・組織活性化の方法と進め方
・人事労務の基本
・賃金、人事考課制度
13時20分~17時20分
10月6日
(木曜)
9時20分~12時20分
13時20分~17時20分
10月7日
(金曜)
9時20分~12時20分 ゼミナール【3】 1.前掲
西原 裕

2.前掲
薗田 恭久

3.前掲
松浦 和夫

4.前掲
六角 清
 
研究テーマの分析を進め、改善に向けた仮説を立てていただきます。
仮説を自社に持ち帰り、経営者又は上司の方と相談の上、改善案を検討します。

(自社で改善案を検討した上で、テーマの大小によるが、一部実行可能であれば
11月までに実行する。)
13時20分~16時20分

第5回
アイデア発想法、部下を育てる指導法について演習を交えながら学んでいただきます。

月日 時間 科目 講師 内容
11月8日
(火曜)
9時20分~12時20分 アイデア発想法 K─MAX コンサルティング
代表
河合 正嗣
自らの思考を柔軟にして、ビジネスに活かすアイデアをどのように生み出すか、アイデア発想について効果ある手法を学んでいただきます。
・アイデア発想法
・発散思考法、収束思考法
・組み合わせ発想法
13時20分~17時20分
11月9日
(水曜)
9時20分~12時20分 部下を育てる指導法 株式会社ビズ・ナビ&カンパニー
マネジメント・コーチ
シニア・コンサルタント
長田 周三
企業にとって、人材の育成は重要です。ここでは、部下のやる気を引き出す、部下とのコミュニケーションの図り方、コーチングについて演習を交えながら学んでいただきます。
・部下との関わり方
・伝える技術と傾聴
・コーチングのねらいと進め方
13時20分~17時20分
11月10日
(木曜)
9時20分~12時20分
13時20分~16時20分
11月11日
(金曜)
9時20分~12時20分 ゼミナール【4】 1.前掲
西原 裕

2.前掲
薗田 恭久

3.前掲
松浦 和夫

4.前掲
六角 清
 
研究テーマの分析を進めた上で、改善案を策定していただきます。
策定した改善案を自社に持ち帰り、改善に着手・実行をしてもらいます。
13時20分~16時20分

第6回
プレゼンテーションの進め方、問題解決の考え方と進め方について事例を交えながら学んでいただきます。

月日 時間 科目 講師 内容
12月6日
(火曜)
9時20分~12時20分 プレゼンテーションの進め方 株式会社創研
代表取締役
西原 裕
商談等で、企業の考えを正確に伝える機会が今後ますます増えてきます。ここでは、プレゼンテーションの進め方、技法について、演習を交えて習得していただきます。
13時20分~17時20分
12月7日
(水曜)
9時20分~10時20分 中小機構支援事業の活用法 独立行政法人中小企業基盤整備機構中国本部
プロジェクトマネージャー
増岡 洋
この研修で整理した課題等、皆様が抱えている経営課題を解決するために、中小機構で実施している専門家派遣事業等の活用法を学びます。
10時30分~12時20分 問題解決の考え方と進め方 ヒューマンキャピタル・イニシアティヴ
代表
古波倉 正嗣
問題を論理的思考により捉え、問題の本質を明確にして、解決策を導き出すために、演習を繰り返し行い、問題解決能力を習得していただきます。
・論理的思考の基礎
・帰納法と演繹法
・漏れなく、ダブりなく
・ロジックツリー
13時20分~17時30分
12月8日
(木曜)
9時20分~12時20分
13時20分~17時20分
12月9日
(金曜)
9時20分~12時20分 ゼミナール【5】 1.前掲
西原 裕

2.前掲
薗田 恭久

3.前掲
松浦 和夫

4.前掲
六角 清
改善案の実行結果を検討、精査し、自社の課題解決に相応しい最終的な提案に仕上げていただきます。
13時20分~16時20分

第7回
これまで学んだ成果を踏まえ、マネジメントゲームを通して経営者の視点で企業経営を模擬体験することにより、実践的に経営感覚を磨いていただきます。

月日 時間 科目 講師 内容
1月17日
(火曜)
9時20分~12時20分 戦略的経営の実践
─マネジメントゲームによる経営感覚の体得─
BMネットワーク
代表
高橋 茂人
この研修の総まとめとして、マネジメントゲームを通じて、経営全体の流れ、経営判断や意思決定の重要性や戦略思考の習慣化などについて体験的に学んでいただくとともに、今後の企業活動の中でどのように業務の遂行に当たっていくべきかを考えていただきます。
・企業経営の流れ(生産、販売、資金等の関連性の把握)
・実践的な計数感覚の体得
・経営戦略の立案と経営計画の策定
・迅速かつ的確な意思決定のポイント
13時20分~17時20分
1月18日
(水曜)
9時20分~12時20分
13時20分~17時20分
1月19日
(木曜)
9時20分~12時20分 ゼミナール【6】

─レポート作成─
1.前掲
西原 裕

2.前掲
薗田 恭久

3.前掲
松浦 和夫

4.前掲
六角 清
ゼミ、レポートを作成し、提出していただくとともに、発表の準備をしていただきます。
13時20分~16時20分
1月20日
(金曜)
9時20分~12時20分 ゼミナール発表会 派遣元の企業の方を招き、ゼミ、レポートの内容について全員が発表し、講師の講評を受けていただきます。
13時20分~16時20分
16時20分~16時30分 終講式   修了証書の交付

受講対象者

中小企業の経営者、経営幹部、管理者、後継者など(学歴、年齢を問いません)


※期間中は、同一受講者に継続して受講していただきます。


※大企業や財団法人、社団法人、医療法人、社会福祉法人、NPO法人等の団体および一般個人(個人事業主を除く)は受講対象に該当致しません。


※社労士、税理士、診断士等、経営支援を主業とする専門家(経営コンサルタント等)の方は受講をご遠慮いただく場合があります。
 

オンライン申込み

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 広島校 研修担当
〒733-0834 広島県広島市西区草津新町1-21-5
電話:082-278-4955
FAX:082-278-7201
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/hiroshima/
E-mail:hiro-kenshu@smrj.go.jp