実践!会社を良くするための利益計画の立て方

受付終了 研修番号 16-18 場所 広島校
期間 2016年8月9日(火曜)~2016年9月13日(火曜)/全4日間(2日間×2回)インターバル研修 受講料 35,000円 定員 30名
対象 経営者・経営幹部・管理者等
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

この研修では、管理会計の基本的な考え方を理解した上で、行動計画と結びついた実効性のある利益計画の立て方について、演習を交えながら体系的に学んでいただきます。

研修のポイント

●企業の成長・発展における利益計画の重要性を理解し、利益計画策定に必要な知識・手法を習得
●損益分岐点等の管理会計上押さえておくべきポイントを整理
●自社データを用いた財務分析や利益計画策定演習により自社での実践力を養成

カリキュラム

第1回(前期)

月日 時間 科目 講師 内容
8月9日(火曜) 9時10分~9時20分 開講式・オリエンテーション    
9時20分~12時40分 中小企業会計の意義と利益計画策定の進め方 株式会社ネットワーク経営広島
取締役コンサルティング事業部長
生塩 千秋
経営者・経営幹部としての財務諸表の見方や着眼点、管理会計の考え方や効果的な活用方法ついて、事例を用いて解説します。さらに、利益計画の必要性や策定の進め方について理解していただきます。
13時40分~17時20分 収益力・資金力の分析 自社の収益力と資金力を把握するため、パソコンソフトを使用して自社の財務分析・キャッシュフロー分析を行います。その後、重要な財務分析指標の解説を行い、自社の経営状態・立ち位置を明確にしていただきます。

また、管理会計の基本となる損益分岐点分析の考え方を理解し、限界利益率向上や固定費圧縮など利益率改善のシミュレーションをすることで、自社の損益構造の把握や改善に役立てます。
17時40分~19時00分 受講者交流会
8月10日(水曜) 9時20分~12時40分 収益力・資金力の分析
13時40分~16時20分 経営改善の方向性の検討 収益力・資金力の分析結果から、自社が直面している経営上の課題を収益力改善、キャッシュフロー改善、財務構造改善などの側面から整理し、経営改善の方向性とその手法について学習していただきます。

また、インターバル期間中に取組む課題について説明します。

※ インターバル期間中について
後期に「自社利益計画の策定(演習)」を実施するにあたり、収益力・資金力の分析結果を社内で共有し、経営改善の方針を立て、演習に活かしていただきます。
 

第2回(後期)

月日 時間 科目 講師 内容
9月12日(月曜) 9時20分~12時20分 自社利益計画の策定(演習) 前掲
生塩 千秋
前半の研修及びインターバル期間中に行った経営改善の方向性の検討を基に、パソコンソフトを使用して利益計画(短期利益計画・中期利益計画)の策定を進めます。

また、収益力改善やキャッシュフロー改善などでポイントとなる事項については事例を交えながら具体的な改善手法を解説し、自社で取組むことができる、行動計画と結びついた実効性のある利益計画を策定していただきます。
13時20分~17時20分
9月13日(火曜) 9時20分~12時20分
13時20分~16時20分 まとめ
(利益計画策定後のマネジメント)
本研修のまとめを行うとともに、策定した利益計画が会社の成長、発展の道標として有効に活用されるための取組や進捗管理の方法について、事例を交えながら説明します。
16時20分~16時30分 終講式   修了証書の交付


※ 研修初日の持参資料(当校に提出したり、他の受講生に公表したりすることはございません)
(1)自社の直近3期分の貸借対照表、損益計算書、製造原価報告書、株主資本等変動計算書
(2)自社の上記対象期間における社員数(正社員とパート・アルバイトに区分)
(3)直近の借入金返済計算書

講師プロフィール

生塩 千秋(うしお ちあき)
株式会社ネットワーク経営広島 取締役コンサルティング事業部長

会計事務所勤務の後、株式会社ネットワーク経営広島の取締役就任。財務、税務、組織診断の専門コンサルタントとして、中小、中堅企業の改善を現場で指導。また、中小企業大学校をはじめ、学校法人、商工会議所等の講義、講演活動など、各方面で活躍中。
 

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 広島校 研修担当
〒733-0834 広島県広島市西区草津新町1-21-5
電話:082-278-4955
FAX:082-278-7201
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/hiroshima/
E-mail:hiro-kenshu@smrj.go.jp