利益を生み出す会計情報活用法(岡山県開催)

受付終了 研修番号 15-51 場所 岡山県岡山市内
期間 2015年10月16日(金曜)~2015年10月16日(金曜)/1日間(6時間) 受講料 16,000円 定員 30名
対象 経営者・経営幹部・管理者等
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

後援

岡山県、岡山市、岡山県商工会議所連合会、岡山県商工会連合会、岡山県中小企業団体中央会、公益財団法人岡山県産業振興財団

開催場所

メルパルク岡山 (新規ウィンドウに表示)

〒700-0984 岡山県岡山市北区桑田町1-13
電話:086-223-8100

※JR岡山駅下車東口より徒歩約7分

※岡山ICから車で約20分。駐車場完備(約80台)

研修のねらい

 我が国の経済は緩やかな回復基調にあるものの、未だ中小企業の経済状況は厳しい状況に変わりはありません。そのような状況の中、企業が成長発展していくためには、自社の経営状態を正確に把握し,保有する経営資源を有効に活用し、利潤を生み出すことが重要です。
 本研修では、儲ける経営、お金を生む経営のための会計情報の見方と経営活動での活用法をわかりやすく説明し、特に昨今の経済情勢に対応した売上予算の作成、利益・資金計画の策定に役立つ内容を実践的に学んでいただきます

研修のポイント

  • 儲ける経営のための会計情報の見方と活用法を実践的に学習
  • 自社ですぐに使える受講者限定会計ソフト付き

カリキュラム

月日 時間 科目 講師 内容
10月16日
(金曜)
9時20分~
9時30分
開校式・オリエンテーション  
9時30分~
11時30分
管理会計の基本的知識(1)
―経営のための会計―
株式会社ネットワーク経営広島
取締役コンサルティング事業部長
生塩 千秋
 「儲かってもお金がない理由はなにか?」を理解すれば、キャッシュ・フロー経営が見えてきます。また、「儲かることとお金があることの違い」など、ここでは、管理会計の基本的事項について、しっかり学ぶことができます。
11時30分~
12時30分
管理会計の基本的知識(2)
―具体的な経営体質改善の考え方をマスターする―
 「収益性を改善する」ということの意味とその方法について、また、収益性を改善するための財産(資産)の運用方法、資金(負債等)の調達方法といった基本的な事項について、具体的な事例を交えながらわかりやすく、かつ、実践的に学びます。
13時30分~
14時30分
会計情報の実践的活用(1)
―損益分岐点の考え方と実践―
 会計情報の実践的活用についてわかりやすく説明し、自社で簡単にシミュレーションができるようにします。
 まず、損益分岐点の考え方を基礎から学び、損益分岐点から今必要とされる資金分岐点を導き出し、さらに、損益分岐点を実務で活用する方法を学びます。
14時30分~
16時30分
会計情報の実践的活用(1)
―利益・資金計画の策定―
 利益・資金計画をマスターするためには、「売上予算」、「利益計画」、「資金計画」の3つの計画の関係を理解することが必要です。
 ここでは、簡単なモデルケースを用いて、1.売上予算の策定、2.次年度利益計画の策定、3.次年度資金計画の策定を実践レベルで習得します。
 これらの利益・資金計画は,金融機関との信頼関係づくりに威力を発揮します。
16時30分~
16時40分
終講式   修了証書の交付

講師プロフィール

生塩 千秋(うしお ちあき)
株式会社ネットワーク経営広島 取締役コンサルティング事業部長

会計事務所勤務の後、株式会社ネットワーク経営広島の取締役就任。財務、税務、組織診断の専門コンサルタントとして、中小、中堅企業の改善を現場で指導。また、中小企業大学校をはじめ、学校法人、商工会議所等の講義、講演活動など、各方面で活躍中。
 

備考

※校外研修のため、宿泊が必要な方は、各自でご手配をお願いいたします。
※電卓をご持参ください。
※講義で紹介する参加者限定会計ソフトをお持ち帰りいただきます。なお、時間の都合上、講義中は各自がソフトを使用する演習はありません。

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード
お問い合わせ・資料請求・御意見等は
中小企業大学校広島校 研修担当

〒733-0834   広島県広島市西区草津新町1-21-5
電話:082-278-5800    FAX:082-278-4980
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/hiroshima/   

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。