改善指導者のための原価管理とコストダウン

受付終了 研修番号 15-12 場所 広島校
期間 2015年7月8日(水曜)~2015年7月10日(金曜)/3日間 受講料 28,000円 定員 30名
対象 製造部門の管理者・改善指導者・リーダー等
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

この研修では、製造部門の管理者に必要な財務のポイントや製造原価についての理解を深め、原価管理の手法と、現場におけるコストダウンの考え方と進め方について、自社課題の解決を目標とした演習を交えながら実践的に学んでいただきます。

研修のポイント

●原価管理に必要な基盤的知識を習得
●原価管理の実践的な手法とコスト改善の着眼点・分析手法・改善技法を理解
●自社情報に基づいた具体的な自社のコスト改善計画作成演習により現場でのコストマネジメント力を養成

カリキュラム

月日 時間 科目 講師 内容
7月8日(水曜) 9時10分~9時20分 開講式・オリエンテーション    
9時20分~12時40分 原価管理の基本 株式会社MEマネジメントサービス
常務取締役
大塚 泰雄
■製造部門の原価管理のあり方と必要となる基盤的知識を習得し、原価管理によるコストマネジメント実践の基礎力を養成します。

●会社の利益とコストの関係を知る
●原価管理の基礎知識
●製造業における原価管理の考え方と進め方
●原価管理とムダ取りの関係
13時40分~17時20分
17時40分~19時00分 受講者交流会
7月9日(木曜) 9時20分~12時40分 原価管理の実践的な手法と
コストダウンの考え方・進め方
■原価管理の実践的な手法について理解し、それをコスト削減につなげるための着眼点と進め方について演習を交えながら習得していただきます。

●コスト構造の理解
●コスト分析の手法
●現場におけるコストダウンの着眼点と進め方
13時40分~17時20分
7月10日(金曜) 9時20分~12時40分 改善計画書の作成演習 ■QCDボックス演習
●データ分析
●改善策の検討・立案
●改善計画
●まとめ(決算書作成)
13時40分~16時20分
16時20分~16時30分 終講式   修了証書の交付

講師プロフィール

大塚 泰雄(おおつか やすお)
株式会社MEマネジメントサービス  常務取締役

大手工作機械メーカーに11年勤務。開発・設計、製造、営業技術などを経験し、株式会社MEマネジメントサービス常務取締役。マネジメントコンサルタント。中央大学アカウンティングスクール兼任講師。
主に企業では、設計・生産技術・購買・製造部門の原価管理システムの立案・構築・実施やVE、IE、購買査定テーブルを活用した、総合的コストダウンを展開し、企業の業績を改革するコンサルティング業務が活動の中心である。その他、公開セミナー、社内教育などの活動も行う。
主な著書には「実践原価企画」「よくわかる金型の原価管理とコストダウン」「トコトンやさしい原価管理の本」などがある。
 

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 広島校 研修担当
〒733-0834 広島県広島市西区草津新町1-21-5
電話:082-278-4955
FAX:082-278-7201
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/hiroshima/
E-mail:hiro-kenshu@smrj.go.jp