No.13_営業に差をつける企画・提案力強化

受付終了 研修番号 17-013 場所 旭川校
期間 2017年7月19日(水曜)~2017年7月21日(金曜)/3日間(21時間) 受講料 31,000円(税込) 定員 30名
対象 管理者、新任管理者(候補者)
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

期待を超える提案で、顧客からの支持を獲得する

 営業で成果を上げるためには、顧客が抱える課題を的確に把握し、それを解決できる提案を行う必要があります。また、情報化社会の進展とともに顧客の購買行動が変化しており、顧客の変化に対応するためにも提案力を高めることが求められていると言えます。
 本研修では、顧客データの分析や顧客の抱える課題の把握を行ったうえで、顧客視点に立った効果的な企画の考え方と説得力を高める提案手法を学び、営業力の強化を図ることを目的とします。

研修のポイント

  1. 経験・感覚頼りの営業からの脱却と、提案営業のノウハウを身につけたい皆様に最適な講座です。
  2. 顧客の真のニーズをつかむポイントが理解できます。
  3. 提案営業にフォーカスした講座です。気合いで売るのではなく、提案営業の効果を十分に理解してもらったうえで、BtoB、BtoCのいずれにも対応した提案企画書作成やプレゼンテーションを学んで頂く内容です。

カリキュラム

月日 時間 科目 内容 講師(敬称略)

7月19日
(水曜)

9時50分~ 2階教室前で受付を開始します。
10時20分~
10時30分
開講式
オリエンテーション
10時30分~
12時30分
提案営業の本質を理解する
  • 営業の本質とは
  • 消費者購買行動の変化を知る
  • 自社商品と市場を知る
  • 自社の強みを知る
MORE経営コンサルティング株式会社
代表取締役
中小企業診断士
日野 眞明
13時30分~
18時30分
18時45分~
20時15分
交流会 受講者同士の懇親と情報交換
7月20日
(木曜)
9時00分~
12時00分
営業データ等の分析と顧客ニーズの捉え方
  • 提案営業の基本を理解する
  • データ収集と分析の仕方
  • 分析から見えてくる顧客の課題・ニーズ
13時00分~
18時00分
企画提案書作成の要諦
  • 顧客のニーズと自社商品の強みから提案を生み出す
  • 提案営業の流れと提案書の構成
  • プレゼンテーションの基本
7月21日
(金曜)
9時00分~
12時00分
効果的なプレゼンテーション
  • 効果的なプレゼンテーションツール
  • プレゼンテーションツールを使いこなす(演習)
13時00分~
16時00分
提案営業を自社の強みとする
  • 具体的な顧客を想定して自社商品の提案企画書を作成する演習を通じて、提案営業の考え方と手法の定着を図る
16時00分~
16時20分
終講式

※カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。

講師紹介

日野 眞明(ひの まさあき)MORE経営コンサルティング株式会社 代表取締役

日野 眞明

中小企業診断士、MBA、1級販売士、ITコーディネータ。
愛知県生まれ。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、イトーヨーカ堂勤務を経て1992年にMORE経営研究所を設立、その後、名古屋商科大学大学院経営情報学研究科修了。200分9年MORE経営コンサルティング株式会社代表取締役。専門は、マーケティング戦略立案、流通・サービス業の経営コンサルティング、戦略情報システム構築、新分野進出・新製品開発支援等。個別コンサルティングの傍ら「moreメソッド」を活用した全国での創業塾、経営革新塾などのセミナー講師、専門誌での執筆等で活躍している。国立豊橋技術科学大学非常勤講師、名古屋商科大学大学院客員教授、(一社)愛知県中小企業診断士協会相談役。著書に「ふせん1枚から始める事業計画」がある。


 

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

備考

関連リンク

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 旭川校
〒078-8555 北海道旭川市緑が丘東3条2丁目2番1号
電話:0166-65-1200
FAX:0166-65-2190
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/asahikawa/