No.12_モデルで学ぶ原価管理とコストダウン

受付終了 研修番号 17-012 場所 旭川校
期間 2017年7月5日(水曜)~2016年7月7日(金曜)/3日間(21時間) 受講料 31,000円(税込) 定員 30名
対象 管理者、新任管理者(候補者)
研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

コストダウンが目に見える、現場での取り組み

 国内のみならず、安価な輸入製品等との競争が激化する中、コスト競争に打ち勝つため、製造現場にはさらなるコストダウンが求められています。
 本研修では、製造現場をモデル化した教材を使い、原価計算とコストダウンのポイントを学び、自社のコストダウン活動の改善のための実践力を高めることを目的とします。

研修のポイント

  1. 製造原価を分析してコストダウンポイントを抽出し、コストダウン活動ができる能力を身につけます。
  2. どのようなアクション(「誰が」「何を」「いくら下げるか」)をすればコストダウンを実現できるかを明らかにします。
  3. コストダウンを通じた収益性向上につながります。

カリキュラム

月日 時間 科目 内容 講師
7月5日
(水曜)
9時50分~ 2階教室前で受付を開始します
10時20分~
10時30分
開講式
オリエンテーション
10時30分~
12時30分
原価管理と原価計算の進め方 原価のしくみ
  • 企業経営とお金の流れ
  • 決算書と原価管理の役割
  • 原価企画、原価計算と原価管理
  • 原価計算の種類と特徴
堀口ビジネスコンサルティング
代表

堀口 敬
13時30分~
14時30分
14時30分~
18時30分
原価計算結果を活用したコストダウンポイントの抽出方法 コストダウンと現場の原価管理の進め方
  • 原価計算とコスト構造の把握
  • コストダウンの着眼点
  • コストダウンの実施方法
  • コストダウン施策の定着
18時45分~
20時15分
交流会 受講者同士の懇親と情報交換
7月6日
(木曜)
9時00分~
12時00分
IE等によるコストダウン手法 自助努力によるコストダウン
  • コストダウンポイントに対する具体的な方法
  • IE等を活用したコストダウン策の実施と効果の確認
  • コストダウンポイントのまとめ
  • コストダウンポイントの自社への照らし合わせ

13時00分~
18時00分

7月7日
(金曜)
9時00分~
11時00分
11時00分~
12時00分
自社におけるコストダウン活動の改善 材料費のコストダウンの目のつけどころ
  • 製造現場における材料費
  • 材料費のロスと不良、製造歩留
  • 自社の材料費のコストダウン方策
13時00分~
14時00分
14時00分~
16時00分
加工費のコストダウンの目のつけどころ
  • 製造現場における加工費
  • 加工費のロスと作業効率の向上
  • 自社の加工費のコストダウン方策
16時00分~
16時20分
終講式

 

講師紹介

堀口 敬 (ほりぐち たかし) 堀口ビジネスコンサルティング  代表・中小企業診断士

堀口 敬

1950年北海道三笠市生まれ。1972年室蘭工業大学を卒業。中小企業診断士。(社)北海道機械工業会技術アドバイザー、(独)中小企業基盤整備機構北海道本部チーフアドバイザー。1972年から2003年まで沖電気工業株式会社と株式会社沖データでプリンタ開発、原価管理業務、開発購買業務、コスト削減業務に従事。2003年にコンサルタントとして独立。国内のみならず東南アジア、中央アジア、中南米、アフリカ地域での企業診断、企業指導、研修講師などの実績は304社に上る。主な著書に「原価計算だけで満足していませんか!第2版」(2015年、日刊工業新聞社)、「改善だけで満足していませんか!」(2013年、日刊工業新聞社)、「すらすら生産管理」(2012年、中央経済社)、「利益を出すコストダウンがわかる本」(2008年、日本能率協会)ほか多数ある。

研修カリキュラムPDFダウンロード

備考

関連リンク

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 旭川校
〒078-8555 北海道旭川市緑が丘東3条2丁目2番1号
電話:0166-65-1200
FAX:0166-65-2190
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/asahikawa/