No.3_事例で学ぶ5Sと目で見る管理

受付終了 研修番号 17-003 場所 旭川校
期間 2017年4月25日(火曜)~2017年4月28日(金曜)/4日間(27時間) 受講料 38,000円 定員 35名
対象 管理者、新任管理者(候補者)
研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

現場が支える中小企業のための、現場改善の取り組み方

 製造現場に多く存在する、すぐには必要とされない材料や工具、さらに仕掛品が、逆に作業を妨げ、ムダを生み、企業収益を圧迫することがあります。
 本研修では、生産現場のムリ・ムダ・ムラを発見し、整理・整頓・清潔・清掃・躾(5S)と見える化を実現する手順を学び、自社の現場改善と改善活動定着手法を習得します。

研修のポイント

  1. 自社内に5S活動を展開して、整った職場を実現することができます。
  2. 全社的にムダのない清潔な職場を実現し、企業イメージ・信頼性の向上と収益性アップが期待できます。製造業のみならず、小売業や、介護事業など、労働集約型産業には特に効果が上がります!
  3. 職場の現状を目で見る管理に表現できるようになり、職場のムリ・ムラ・ムダを発見できるようになります。

持参資料

自社の改善したい職場の写真を、A5サイズでプリントアウトして15枚持参して頂きますと、自社を題材とした演習をしていただくことができます。

カリキュラム

月日 時間 科目 内容 講師
4月25日
(火曜)
9時50分~ 2階教室前で受付を開始します
10時20分~
10時30分
開講式
オリエンテーション
10時30分~
12時30分
5Sに取り組む意義 生産活動の基本と現場改善
  • 生産性を阻害する様々な現象とその要因
  • 5S活動により改善できる効果と関連
  • 5S活動を実施定着させる手法と手順、留意点
  • 見える化の考え方と実施例
株式会社ジェック
経営コンサルタント

高田 忠直
13時30分~
18時30分
18時45分~
20時15分
交流会 受講者同士の懇親と情報交換
4月26日
(水曜)
9時00分~
12時00分
現場の問題点と改善の着眼点

5S改善の進め方

  • 5Sの改善ポイント
  • 成果を上げた事例に学ぶ5S改善
  • 自社における5Sの実施方法
13時00分~
17時00分
 4月27日
(木曜)
 9時00分~
12時00分
 目で見る管理
  • 見える化を図る必要性の高いポイント
  • 成果を上げた事例に学ぶ見える化
  • 自社における見える化の実施方法
13時00分~
17時00分
4月28日
(金曜)
9時00分~
12時00分
ムリ・ムラ・ムダの発見ポイントとその改善 3ム改善の進め方
  • ムリ・ムラ・ムダの発見のしかた
  • ムリ・ムラ・ムダの改善のしかた
13時00分~
16時00分
組織で取り組む現場改善と定着化 現場改善とリーダーの役割
  • 5S活動、見える化活動を社内に定着させる方法
  • コミュニケーションと報・連・相のルールづくり
  • 現場改善を推進するリーダーシップ
16時00分~
16時20分
終講式

※カリキュラムについては一部変更することがありますのでご了承ください

研修カリキュラムPDFダウンロード

関連リンク

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 旭川校
〒078-8555 北海道旭川市緑が丘東3条2丁目2番1号
電話:0166-65-1200
FAX:0166-65-2190
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/asahikawa/