No.301 経営管理者養成コース

受付終了 研修番号 16-301 場所 旭川校
期間 2016年7月11日(月曜)~2017年1月20日(金曜)/3日×5回/4日×2回(全23日・180時間)                       
1回 2016年7月11日(月曜)~13日(水曜)
2回 2016年8月8日(月曜)~10日(水曜)
3回 2016年9月14日(水曜)~16日(金曜)
4回 2016年10月19日(水曜)~21日(金曜)
5回 2016年11月8日(火曜)~11日(金曜)
6回 2016年12月7日(水曜)~9日(金曜)
7回 2017年1月17日(火曜)~22日(金曜)
受講料 293,000円 定員 20名
対象 経営幹部、後継者、管理者(候補者)
研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

企業活動の中核を担う経営管理者は、総合的管理能力の向上が求められます。この研修では、戦略的発想に基づいた質の高い経営を行うための創造的マネジメント能力の向上を図ることを目的として、総合的なマネジメントを遂行するための実践的な知識・手法を学びます。

7月カリキュラム(第1回)

7月:テーマとねらい

管理者の能力開発「経営管理者の職務と役割」
経営管理者は、企業活動の中核として、企業を取巻く経営環境に柔軟に対応し、経営目標の達成に向けて部下を動かしながら、組織活力の向上を図る重要な役割を担っています。ここでは、経営活動を具体的に推進する経営管理者としての職務と求められる役割、リーダーシップのあり方について学びます。
管理者の経営管理力「経営戦略と経営計画」
経営戦略や経営方針を具体的な行動計画に結び付けていくためには、自社の経営環境、経営資源を的確に分析した上で、計画化することが不可欠です。ここでは、経営戦略、経営計画を策定するための理論と展開方法について学びます。 
 

月日 時間 科目・内容 講師
7月11日(月曜)

9時00分~
9時30分

 開講式・オリエンテーション
9時30分~
12時30分
「経営管理者の職務と役割」

(1)経営管理者の職務

  1. 意思決定
  2. 経営資源の管理(ヒト・モノ・カネ・情報)
  3. 目標設定
  4. 計画立案と業務遂行
  5. 組織の活性化

(2)求められる能力と役割

  1. マネジメントスキル
  2. マネージャーとしての役割
  3. リーダーとしての役割

「経営戦略と経営計画」

(1)経営戦略策定

  1. 1.経営資源
     (ヒト・モノ・カネ・情報)と外部環境
  2. .経営理念
  3. 5フォース、3つの基本戦略
    (コストリーダーシップ戦略・差別化戦略・集中戦略)
  4. .全社戦略・事業戦略
  5. 5.SWOT分析

 (2)経営計画策定の方法

  1. 経営計画の立て方
  2. マネジメントサイクル
  3. 中期経営計画策定演習
  4. ローリングプラン
ビジネス・コア・
コンサルティング
代表

坂本 篤彦
 

13時30分~
18時30分
7月12日(火曜) 9時00分~
12時00分
13時00分~
19時00分
7月13日(水曜) 9時00分~
12時00分
13時00分~
17時30分

※カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。
※初日研修終了後、交流会を開催いたします。

8月カリキュラム(第2回)

8月:テーマとねらい

管理者の経営管理力「組織と人事管理」
企業にとって「人」の問題は、将来の発展の成否を決める重要な課題であり、経営全般にわたる長期的な展望に立った対応が必要です。ここでは、企業経営に直結する組織の活性化と人事管理制度のあり方等について学びます。
管理者の能力開発「部下指導・育成とリーダーシップ」
時代の変化に対応した部下育成術を学び、組織の運営を活性化させることや、従業員のモチベーションを高めることは、管理者として必須のスキルです。ここでは、やる気に満ちた集団をつくり上げるために必要なリーダーシップ行動について学びます。
 

月日 時間 科目・内容 講師
8月8日
(月曜)

9時20分~
9時30分

オリエンテーション

9時30分~
12時30分

 「組織と人事管理」

(1) 経営組織と活性化
1.組織とは何か
2.経営組織の種類
3.組織における3つの論理
4.組織原則の理解
5.組織変革と組織開発

 (2) 従業員の動機づけ
1.人間行動と欲求
2.動機づけ理論
3.各種データに見るモチベーション源泉の変化

 (3)人事管理の「制度化」
1.人事管理制度改善の考え方
2.人事開発のポイント

「部下の指導・育成とリーダーシップ」

(1)OJTのすすめ方
1.能力向上と意欲向上の関係
2.部下の理解
3.OJTの実際

(2) リーダーシップ能力の向上
1.モチベーションの源泉
2.リーダーシップとは
3.モチベーションを向上させるリーダーシップ行動
(ビジョンの提示、権限委譲、参画、承認、ほか)
4.職務遂行における行動欲求と判断基準の理解
5.リーダーシップを成立させる源泉
6.リーダーシップ・スタイルの変革

 (3) 部下を導くコミュニケーション
1.アクティブ・リスニング
2.コミュニケーション・スタイルの変革
3.効果的なストローク
4.部下を導くコーチング・スキル
 

インテレッジ
代表

高橋 正也
 

 

 

13時30分~
18時30分
8月9日
(火曜)
9時00分~
12時00分
13時00分~
18時30分
8月10日
(水曜)
9時00分~
12時00分
13時00分~
17時30分

※カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。

9月カリキュラム(第3回)

9月:テーマとねらい

管理者の経営管理力「財務会計と財務分析」
企業が戦略的な経営活動を実践していくためには、自社の財務内容の強みや弱点を十分に把握した上で管理・運用することが前提になります。ここでは、財務会計の基本的仕組みから財務分析の進め方等を学びます。

月日 時間 科目・内容 講師
9月14日
(水曜)

9時20分~
9時30分

オリエンテーション

9時30分~
12時30分

 「財務会計と財務分析」

(1)財務会計
1.経営活動と会計と財務諸表
2.賃借対照表・損益計算書の仕組みと読み方
3.財務分析
4.キャッシュフロー計算書の仕組みと読み方

 (2)資金管理と管理会計
1.利益と資金の違い
2.資金繰り
3.損益分岐点分析
4.利益計画と資金計画

 

小川経営企画
代表

小川 孝二
 

 

 

13時30分~
18時30分
9月15日
(木曜)
9時00分~
12時00分
13時00分~
18時30分
9月16日
(金曜)
9時00分~
12時00分
13時00分~
17時30分

※カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。

10月カリキュラム(第4回)

10月:テーマとねらい

管理者の経営管理力「マーケティング」
顧客との関係は刻々と変化しており、管理者は全体的な視点に立った販売戦略を立てる必要があります。ここでは、マーケティングの基本的な知識を理解し、「顧客視点」から自社の提供価値・アピールポイントの再検証を行い、自社のマーケティング戦略立案の手順を学びます。
 

月日 時間 科目・内容 講師
10月19日
(水曜)

9時20分~
9時30分

オリエンテーション

9時30分~
12時30分

 「マーケティング」

(1)マーケティングの基礎知識
1.マーケティングとは(4P)
2.顧客満足・顧客志向
3.市場環境と経営資源(SWOT分析)
4.アンゾフの成長マトリックス
   (市場浸透戦略、新製品開発戦略、
        新市場開拓戦略、多角化戦略)

 (2) マーケティング活動の実際
1.マーケティング・リサーチ
2.STP(セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング)
3.製品開発
4.販売促進

 (3)営業活動の推進
1.営業戦略・計画の立て方・進め方
2.新規顧客開拓・既存顧客深耕
3.顧客管理
4.提案営業
5.営業活動管理
 

オフィス後藤経営
代表

後藤 直樹
 

13時30分~
18時30分
10月20日
(木曜)
9時00分~
12時00分
13時00分~
18時30分
10月21日
(金曜)
9時00分~
12時00分
13時00分~
17時30分

※カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。

11月カリキュラム(第5回)

11月:テーマとねらい

自社課題研究「ゼミナール」
経営者、経営管理者として直面する経営課題に即したテーマを選択し、担当講師の講義・個別指導を通じて自主的に研究を進めます。
管理者の能力開発「事例研究」
自社のありたい姿を従業員と討論し、従業員参画型の経営計画策定により、自社の活性化を成し遂げた事例などから実効性の高い経営計画策定のヒントを得ます。      
管理者の能力開発「論理的思考等」
経営課題等に対応しつつ、戦略的な発想力や構想力を高めていくためには、物事を論理的思考で捉える力が必要となります。ここでは、自社の経営課題を論理的にとらえるとともに、わかりやすく整理・伝達するための考え方や手法について学びます。
 

月日 時間 科目・内容 講師
11月8日
(水曜)

9時20分~
9時30分

オリエンテーション

9時30分~
12時30分

  ゼミナール(1)
  Step1  自社・自部門の現状把握
 

【総合戦略】
ビジネス・コア・コンサルティング代表
坂本 篤彦

【組織戦略】
インテレッジ代表
高橋 正也

【財務戦略】
小川経営企画代表
小川 孝二

【マーケティング戦略】
オフィス後藤経営代表
後藤 直樹
 

13時30分~
18時30分
11月9日
(水曜)
9時00分~
12時00分
 ゼミナール(2)
Step2  自社・自部門の課題抽出
13時00分~
17時30分
11月10日
(木曜)
9時00分~
12時00分
 「事例研究」
事例企業の講演を通じて、組織活性化の具体的な取り組みや、そこでの苦労、失敗、成功体験などを聞くとともに、事例企業の研究によって、一段高い視点で会社を俯瞰し、自らリーダーシップを発揮することへの自覚や、自社の経営に活かすヒントを得ます。
 株式会社ヤマシナ商事
代表取締役 山品和宏

<コーディネーター>
ビジネス・コア・コンサルティング代表
坂本 篤彦
 

13時00分~
15時00分
15時00分~
18時00分
 「ビジネスゲーム」
実際のビジネスをモデル化したロールプレイングゲームを通じて得られる模擬体験から、自分自身を見つめ直すとともに、主体性、リーダーシップ、コミュニケーション、団結力、等の経営管理者として必要となるスキルを学びます。

※夜間研修となりますので、大学校への宿泊をお勧めします。
 

ビジネス・コア・コンサルティング代表
坂本 篤彦
 
19時00分~
21時00分
 11月11日
(金曜)
9時00分~
12時00分
「論理的思考等」

 (1)論理的思考
1.論理的な考え方とは
2.論理思考トレーニング
 (2)問題解決策の立案手法
 

有限会社ロジカル・コミュニケーション
取締役社長

有賀 正彦
 

13時00分~
17時30分

12月カリキュラム(第6回)

12月:テーマとねらい

自社課題研究「ゼミナール」
経営者、経営管理者として直面する経営課題に即したテーマを選択し、担当講師の講義・個別指導を通じて自主的に研究を進めます。

月日 時間 科目・内容 講師
 12月7日
(水曜)
9時20分~
9時30分
 オリエンテーション
 9時30分~
12時30分
 ゼミナール(3)
Step3  研究テーマの設定
 
【総合戦略】
ビジネス・コア・コンサルティング代表
坂本 篤彦

【組織戦略】
インテレッジ代表
高橋 正也

【財務戦略】
小川経営企画代表
小川 孝二

【マーケティング戦略】
オフィス後藤経営代表
後藤 直樹
 

13時30分~
17時30分

 12月8日
(木曜)
 9時00分~
12時00分
ゼミナール(4)
Step4  課題に対する改善案の検討
13時00分~
17時30分
 12月9日
(金曜)
 9時00分~
12時00分
13時00分~
17時30分

※カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。

1月カリキュラム(第7回)

1月:テーマとねらい

自社課題研究「ゼミナール」
経営者、経営管理者として直面する経営課題に即したテーマを選択し、担当講師の講義・個別指導を通じて自主的に研究を進めます。

月日 時間 科目・内容 講師
 1月17日
(火曜)
 
 9時30分~
12時30分
 ゼミナール(5)
Step5   課題に対する改善計画の策定
 
【総合戦略】
ビジネス・コア・コンサルティング代表
坂本 篤彦

【組織戦略】
インテレッジ代表
高橋 正也

【財務戦略】
小川経営企画代表
小川 孝二

【マーケティング戦略】
オフィス後藤経営代表
後藤 直樹
 

13時30分~
17時30分

 1月18日
(水曜)
 9時00分~
12時00分

13時00分~
17時30分 

 1月19日
(木曜)
 9時00分~
12時00分
13時00分~
17時30分
 1月20日
(金曜)
 9時00分~
12時00分 
 ゼミナール(6)
Step6   研究成果のプレゼンテーション
と質疑、講師の講評
 
13時00分~
17時30分

※カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。

講師紹介

順不同・敬称略

■小川 孝二(おがわ こうじ)

小川 孝二

1985年 小樽商科大学卒業後、海運会社を経て、北海信用金庫入庫。渉外、融資を担当した後、経営支援部署に所属し、取引先の経営改善指導に携わる。2006年 中小企業診断士として独立。中小機構北海道本部経営支援アドバイザー、事業承継コーディネーターなどを務め、経営計画書作成、財務、資金繰り、事業承継支援、経営戦略等をテーマとした、コンサルティングを中心に活動中。。
 

■後藤 直樹(ごとう なおき) 

後藤 直樹

1963年 旭川市生まれ 札幌市在住 スーパーマーケットの株式会社北雄ラッキー、コンビニエンスストアの株式会社ローソン、株式会社サークルKサンクスにおいて、スーパーバイザー、販売促進の企画、商品開発の企画を行って1997年に中小企業診断士事務所オフィス後藤経営を設立。専門業種は小売業を中心として専門分野のマーケティングから経営全般まで幅広く対応しており、顧問先に対するコンサルティングを行うほか、各地において経営者、幹部、後継者、社員の研修やセミナー、ほか講演等を行っている。モットーは「問題の先送りをしないこと」。
 

 ■坂本 篤彦(さかもと あつひこ) 

坂本 篤彦

日本マクドナルド株式会社を経て、1991年、東京商工会議所入所。ベンチャー企業の事業展開支援や中小企業のM&Aサポート事業の企画・立案および事業運営等に携わる。2002年に独立し、ビシネス・コア・コンサルティングを設立。創業・ベンチャーの事業展開支援など実践型のコンサルティングを展開し、現在に至る。自身も中小企業の後継者としてのバックグラウンドを持ち、年に百数十回行なわれるセミナー・講演会には「元気が出る」とリピーターも多い。著書に「21世紀の『サービス業』はこう変わる」(経営情報出版社/共著)、「販路開拓成功マニュアル」(東京商工会議所 ベンチャー支援センター)がある。中小企業診断士、千葉商科大学大学院客員教授。
 

■高橋 正也(たかはし まさなり)

高橋 正也

1962年生まれ。小樽商科大学大学院商学研究科修了。1986年社団法人日本経営協会に入職し、企業等への研修支援サービス、経営コンサルティング業務に従事。1993年同会経営協力グループ課長、2001年同会北海道本部長。2007年に独立し、人材開発/経営コンサルティングオフィス インテレッジを開業。現在は一般社団法人日本経営協会講師、中小機構 地域支援ネットコーディネーター(地域支援機関等サポート事業)、札幌市ワークライフバランス推進アドバイザーなどを務める。
 

■有賀 正彦(ありが まさひこ)

有賀 正彦

経営士、品質・環境マネジメントシステム主任審査員。1968年生まれ。東海大学大学院海洋工学専攻修了。経済産業省外郭団体、大手コンサルティング会社、検査・認証機関を経て、2004年に(有)ロジカル・コミュニケーションを設立。民間企業の経営コンサルティング、ISOマネジメントシステム監査、社員研修会を多数手がけ、「ISO思考」に基づく論理的思考力の向上を提唱している。コンサルティング、マネジメント監査は1,000社を超え、管理職教育、業務改善指導には定評がある。専門分野は、経営改善、経営マネジメント、マネジメントシステム監査、ロジカルシンキング。著書に「ものの見方が変わる“気づき”の話」(文芸社ビジュアルアート)、「「不祥事」を止めるISO思考」(光文社)、「仕組みが無くてダメな会社 仕組みがあってもダメな会社」(日刊工業新聞)、「ちょロジ―ニュースから学ぶ7つの思考―」(パブラボ)がある。

研修カリキュラムPDFダウンロード

関連リンク

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 旭川校
〒078-8555 北海道旭川市緑が丘東3条2丁目2番1号
電話:0166-65-1200
FAX:0166-65-2190
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/asahikawa/