No.21 ビジネスコミュニケーションとリーダーシップ

キャンセル待ち 研修番号 16-021 場所 旭川校
期間 2016年12月12日(月曜)~2016年12月14日(水曜)/3日間(21時間) 受講料 31,000円(税込) 定員 30名
対象 管理者、新任管理者(候補者)
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

メンバーから信頼されるリーダーになるために

 今や、経験則に頼った過去の成功方式が通用し難い時代となり、上司は部下に対して「こうすればうまくいく」という答えを教えることが難しくなっています。また、「過去の延長線上に未来はない」とは言い尽くされたことであり、環境変化に適応しないと生き残ることはできないと言われますが、実際には変わることは容易でなく、さらには「今適応できている」ことと「適応力がある」ことには大きな違いがあると言えます。
 本研修では、成果を上げているリーダーが実践しているビジネスコミュニケーションを学び、チームにおけるリーダーの意義について考えるとともに、将来の環境変化に対応するリーダーとなる条件について考察します。

カリキュラム

月日 時間 科目 内容 講師
(敬称略)
12月12日
(月曜)
 9時50分~ 2階教室前で受付を開始します
10時20分~
10時30分
開講式
オリエンテーション
 
10時30分~
12時30分
ビジネス・コミュニケーションの基本
  • コミュニケーションの機能と役割
  • なぜあなたの話はメンバーに通じないのか
  • できるリーダーが実践しているコミュニケーションとは
中小企業診断士
キャリアコンサルタント
笹森 光彦
13時30分~
18時30分
成果を上げる部員を育てるコーチング手法
  • 自ら考えて動く自律型チームの作り方
  • メンバーのやる気と潜在力を引き出すことが成果につながる
  • リーダーのコミュニケーション能力でチームが蘇る
18時45分~
20時15分
交流会 受講者同士の懇親と情報交換
12月13日
(火曜)
 9時00分~
12時00分
部下のタイプに応じたコミュニケーション
  • リーダーとしての自分のタイプを知ろう
  • タイプの特長を理解することがメンバーの成長につながる
  • 自分の話が通じない理由が分かった
  • メンバーのタイプが分かると事業戦略が立てやすい
13時00分~
18時00分
変革のリーダーシップ
  • 変革を妨げるものは何か
  • 事例から学ぶあるリーダーの苦悩
  • リーダーシップと役割の再思考
12月14日
(水曜)
 
 9時00分~
12時00分
リーダーの課題形成力と課題解決の推進
  • リーダーシップとは「絵を描き、組織を巻き込み、成果を上げること」
  • 絵を描くための時間軸と空間軸
  • リーダーシップと役割の再思考
13時00分~
16時00分
メンバーから認められるリーダーになるために
  • 「誰にどんな価値を提供するのか」という企業活動の根本の再確認
  • リーダーとして到達したい3年後の姿
16時00分~
16時20分
終講式  

※カリキュラムについては、一部変更する場合がありますのでご了承下さい。

講師紹介

笹森 光彦 (ささもり みつひこ)  中小企業診断士・キャリアコンサルタント

笹森 光彦

明治大学卒業後、大手アパレルメーカーである株式会社オンワード樫山に入社し、20年に亘って営業経験を積む。その後、PHP研究所北海道拠点である札幌PHP有限会社朝日田コーポレーションに勤務し、常務取締役を務める。平成27年に合同会社人材開発アカデミーを設立し、代表社員に就任。営業リーダーの育成を始めとした階層別の研修及び人材育成コンサルティング業務に携わる。部下育成のためのコミュニケーションとしてのコーチングやリーダーシップを人材育成テーマの中心として活動しており、研修実績は北海道財務局、北海道開発局、JA、医療機関、一般企業と、幅広い。


オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

関連リンク

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 旭川校
〒078-8555 北海道旭川市緑が丘東3条2丁目2番1号
電話:0166-65-1200
FAX:0166-65-2190
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/asahikawa/