No.19 顧客ニーズを実現する商品開発の進め方

受付終了 研修番号 16-019 場所 旭川校
期間 2016年11月14日(月曜)~2016年11月16日(水曜)/3日間(21時間) 受講料 31,000円(税込) 定員 30名
対象 経営者、経営幹部(候補者)
研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

こんなモノが欲しかった!と言われるアイデア発想と商品づくり

 消費者のニーズが多様化し、物質的な豊かさよりも精神的な豊かさが求められていると言われる昨今では、売れる商品・サービスの開発はますます難しくなって来ています。そして、プロダクトアウトの商品開発から脱却し、マーケットインの商品開発に取り組むことの必要性が喧伝されていますが、そのためには、顧客ニーズを的確に捉え、そのニーズをいかにして商品・サービスづくりに活かすかという考え方が求められています。 
本研修では、顧客を満足させるコンセプトを生み出し、そのコンセプトの具体化、さらには販路開拓までを検討する一連の流れを、演習を中心として学んでいただきます。

ポイント

  1. 人の潜在ニーズの中から商品・サービスを作り出すと言われる、「デザイン思考」を身につけていただきます。
  2. アイデアを形にする(試作)演習を通じて、体感するようにして学ぶことが出来ます。
  3. 2日目は演習時間が夜間まで続きますので、大学校へのご宿泊をお勧めいたします。
     【研修開始と終了の時間にご注意ください】

カリキュラム

月日 時間 科目 内容 講師
11月14日
(月曜)
12時50分~ 2階教室前で受付を開始します  
13時20分~
13時30分
開講式オリエンテーション  
13時30分~
18時30分
事例に学ぶ顧客ニーズを実現する商品・サービスの開発
 
・予測困難な社会の到来と顧客ニーズの変化
・デザイン思考とは何か
・海外で国内で次々に導入されたデザイン思考の事例に学ぶ
 
GOB Incubation
Partners株式会社
Co-Founder
共同経営者
櫻井 亮
 
18時45分~
20時15分
交流会 受講者同士の懇親と情報交換
11月15日
(火曜)
9時00分~
12時00分
顧客の本質的なニーズの把握
 
・顧客を発見し、顧客を理解する
・顧客が気づいていないニーズの本質を掴む
・顧客に共感し、解決すべき問題を明らかにする
 
13時00分~
18時00分
顧客満足のコンセプトの生み出し方
 
・アイデアを生み出す様々な手法
・顧客を満足させるコンセプトを生み出す
19時00分~
21時00分
試作検証と改善
 
・コンセプトを形にするうえで押さえるべき要点
・試作と検証を重ねながら商品にする創造プロセス
・失敗から学ぶことの重要性と解決策の提示
11月16日
(水曜)
9時00分~
12時00分
13時00分~
16時00分
顧客への提案・販売方法
 
・全社で取り組むための要点
・自社の事業への応用方法
・新商品を販売チャネルに乗せる方法
16時00分~
16時20分
終講式

※カリキュラムについては一部変更することがありますのでご了承ください

講師紹介

櫻井 亮(さくらい りょう)GOB Incubation Partners株式会社
Co-Founder 共同経営者

櫻井 亮

日本ヒューレッド・パッカード、VCでの企業支援等を経て、2007年よりNTTデータ経営研究所にてマネージャー兼デザイン・コンサルティングチームリーダーを務める。2009年、野村総合研究所とNTTデータの共同プロジェクトにおいて両社トップ直下で行う特別チーム「ITと新社会デザインフォーラム」に深く関与。2013年より世界に11のオフィスを持つ北欧発祥のストラテジックデザインファームDesignitの日本拠点Designit Tokyoを立ち上げ、代表取締役社長に就任。2015年に独立してGOB Incubation Partners株式会社を立ち上げる。新規ビジョン策定・情報戦略の企画コーディネート、ワークショップのファシリテーション、デザイン思考アプローチによるイノベーションワークなどを手掛けると共に、自身もシリアルアントレプレナーを実践中。著書:「ITプロフェッショナルは社会価値イノベーションを巻き起こせ」(プロジェクトで執筆)、「RFPでシステム構築を成功に導く本-ITベンダーの賢い選び方見切り方」など。

研修カリキュラムPDFダウンロード

関連リンク

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 旭川校
〒078-8555 北海道旭川市緑が丘東3条2丁目2番1号
電話:0166-65-1200
FAX:0166-65-2190
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/asahikawa/