キャリア形成促進助成金制度

国の助成制度 キャリア形成促進助成金制度のご案内

キャリア形成促進助成金は、労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、雇用する労働者に対して職業訓練などを計画に沿って実施した場合に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部を助成する制度です。

制度概要


 職業訓練などを実施する事業主等に対して訓練経費や訓練中の賃金を助成し、労働者のキャリア形成を効果的に促進

  • 事業主にあっては、事業内職業能力開発計画・年間職業能力開発計画を作成するとともに、職業能力開発推進者を選任することが必要
  • 事業主団体等にあっては、訓練実施計画を作成することが必要
  • 1コースあたり20時間以上(海外で実施する訓練の場合は30時間以上)の訓練が対象
助成内容 助成額
(1)政策課題対応型訓練 1 成長分野等人材育成コース
 

大企業・
中小企業
 

健康・環境などの成長分野等での人材育成のための訓練 賃金助成:1時間当たり800円
(400円経費助成:1/2(1/3)
 
2 グローバル人材育成コース
 
海外関連業務に従事する人材育成のための訓練(海外の大学院、大学、教育訓練施設などで実施する訓練も含む)
3 育休中・復職後等能力アップコース 育児休業中・復職後・再就職後の能力アップのための訓練  賃金助成:1時間当たり800円
(400円)
経費助成:2/3(1/2)
 
4 中長期的キャリア形成コース 中長期的なキャリア形成に資する教育訓練として厚生労働大臣が指定する専門実践教育訓練  賃金助成:1時間当たり800円
(400円)
経費助成:1/2(1/3)
5 若年人材育成コース 採用後5年以内で、35歳未満の若年労働者への訓練
6 熟練技能育成・承継コース 熟練技能者の指導力強化、技能承継のための訓練、認定職業訓練
7 認定実習併用職業訓練コース 中小企業 厚生労働大臣の認定を受けたOJT付き訓練 経費助成:1/2
賃金助成:1時間当たり800円
※7 OJT実施助成
    :1時間当たり600円
8 自発的職業能力開発コース 労働者の自発的な能力開発に対する支援
(2)一般型訓練 中小企業 政策課題対応型訓練以外の訓練 賃金助成:1時間当たり400円
経費助成:1/3
(3)団体等実施型訓練 事業主団体等 事業主団体等が行う、若年労働者への訓練や熟練技能の育成・承継のための訓練、
育児休業中・復職後・再就職後の能力アップのための訓練
 
経費助成:1/2
(育児休業中・復職後・再就職以後の能力アップのための訓練2/3)
  • 経費助成の1人1コースの支給限度額は、(1)1~4は15万円~50万円(大企業は10万円~30万円)、(1)5~8及び(2)は7万円~20万円 
  • 1事業主の年間の支給限度額は、500万円(認定職業訓練又は(1)7の場合は1,000万円)、1事業主団体等の年間の支給限度額は500万円
  • 助成の対象となる訓練等の受講回数は、1労働者につき、1年度3コースまで 

お問い合わせ先

厚生労働省ホームページ(キャリア形成促進助成金)をご覧ください。
URL: http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html
  ◇詳細は、下記へお問い合わせください。
  北海道労働局 職業安定部 職業対策課 電話011-788-9070
  〒060-8566
       札幌市北区北8条西2丁目1-1 札幌第1合同庁舎6階北側 雇用助成金さっぽろセンター6階