【開催報告】8月5日 「知的財産情報調査・検索セミナー」を開催しました。

2016年8月8日

8月5日、知的財産情報調査・検索セミナーを開催しました。

東工大横浜ベンチャープラザでは、研究開発型のベンチャー企業が多いことから特許支援を重視しています。

今回のセミナーでは、調査・検索の重要性を再確認していただきつつ、(株)発明通信社が提供するサービス、Hypat-i2を活用し、市場における競合他社の類似度検索やパテントマップの作成等のスキルを身に着けていただきながら、研究開発に際しての利便性・効率性の向上を目標としました。

第一部:特許検索の重要性(講師:IM須貝英雄)
第二部:Hypat-i2のご紹介(講師:(株)発明通信社)

第一部では須貝講師から、知財は取得することが目的ではなく、事業戦略を実現するために知財戦略を策定する、知財は検索に始まり検索に終わるほど検索は重要である、などのお話を分かりやすく事例を交えて説明していただきました。

第二部では、発明通信社から自社の特許検索ツールHypat-i2の特長と使い方の説明をしていただきました。
 

知財情報調査検索セミナー01

知財情報調査検索セミナー01

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ