10月3日開催!セミナー「超小型衛星を用いた宇宙ビジネスの創出と現状」

 程々で良いから「ほどよし」とネーミングされたプロジェクト。

 超小型衛星「ほどよし 4 号機」の実験スペースに入居企業である 株式会社ファインテック様の実験ユニット(10cm×10cm)が採用され無事に周回軌道をっています。
1 機あたりの開発コスト 3億円以下、開発期間2年未満という開発手法をめざし、 宇宙開発の敷居を下げる「ほどよし衛星」プロジェクトで開発されました。
宇宙利用というと大変高度なものをイメージしますが、今セミナーにより、中小企業およびベンチャー企業の超小型衛星活用を提案します。

ほどよし信頼性工学:
衛星の信頼性・性能とコスト・手間の関係を経験知から抽出する方法論を構築し、さらに新規技術開発・標準化・規格化・試験方法の刷新が信頼性に与える効果をモデル化し、超小型衛星における信頼度設定方法を含む信頼性設計・監理手法の理論体系化をはかる。

 


          記

1.主催:中小企業基盤整備機構・東工大横浜ベンチャープラザ
 
2.日時:平成26年10月3日(金曜)
      (講演)   15時〜17時(受付14時半から)
      (交流会)    17時30分〜

3.講師:芝山有三様  東京大学超小型衛星戦略研究センター 上席研究員
    :山口耕司様  次世代宇宙システム技術研究組合 理事長
    :岡田素行様  入居企業 株式会社ファインテック代表取締役

4.会場:東工大横浜YVP 2階会議室
   神奈川県横浜市緑区長津田町4259-3
       http://www.smrj.go.jp/incubation/yvp/access/054376.html
  (東急田園都市線すずかけ台駅から徒歩7分)

5.参加費:無料(交流会は別途500円)

6.定員:25名(事前登録制、定員になり次第締切)

7.申込方法:下記申込書をダウンロードしていただき、所定の必要事項を記載の上、記載メールアドレスへ添付にて送付、またはファックス(045-989-2206)にてご返送ください。

8.申込締切:定員になり次第締切

9.申込先:中小企業基盤整備機構 東工大横浜ベンチャープラザIM室
 

セミナー申込書(word)

東工大横浜ベンチャープラザの地図はこちら

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ