【開催報告】9月20日東工大YVPビジネスセミナー「先端材料ナノファイバーの可能性を語る」を開催致しました。

9月25日

9月20日開催の東工大YVPビジネスセミナーは、「先端材料ナノファイバーの可能性を語る」を開催致しました。
東工大谷岡明彦特任教授と、入居企業である株式会社ゼタ高橋社長にナノファイバーとそのアプリケーションについて現状と今後の開発動向を説明していただきました。

夢を紡ぐと言われたナノファイバーは、大量生産技術が確立されたことにより、数々のアプリケーションを商品化する可能性が現実味を帯びてきました。
展示されたナノファイバーを用いた防護服は、細かな粉じんや水を完全に遮断しつつ十分な通気性を確保することで、快適な作業環境を提供できます。


ポリプロピレンで作られたナノファイバーは油を吸着しますが水は弾きます。
海難事故で流出した油のみを選択的に吸収し汚染された海を復元させます。
水面に浮かんだ油吸収の実演を行い、参加者にその威力を確かめていただきました。

 

実演も行ったことから、専門的な質疑応答も活発に交わされました。
参加者からの質問にも的確に回答があり、参加者からの満足度も高かった様に見受けられました。
参加者の関心が高いテーマは、安価に大量生産できている事実と製造技術に関するものでした。

9月20日開催セミナー写真

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ