【開催報告】6月20日東工大YVPビジネスセミナー「上手に特許を活用するコツ」を開催致しました。

6月27日

6月20日開催の東工大YVPビジネスセミナーは、特許常識のすす払い!
「上手に特許を活用するコツ」と題して、知財マネジメント支援機構の太田雄二氏を講師としてお招きしました。
この道45年の経験に基づいた「特許取得の勘所とは」、「こんな危ない思い込み」、「うっかり手抜き」など、エピソードを取り混ぜて本音で語って頂きました。
レーガン大統領時代にそれまでのアンチパテント政策をプロパテント政策に切り替えた結果、米国の産業は息を吹き返したこと、日本は小泉首相が知財基本法を制定し、プロパテント政策を推進させたこと、現在は中国、韓国が猛烈に知財に力を入れていること、など各国の動向から話に入りました。
最も、聴講者の関心を呼んだテーマは、発明の価値、特性などを踏まえ、特許出願すべき発明か、それともノウハウとして秘密管理にすべきか、あるいは、公開技法に公開して強制公知にしてしまう発明かなどの見極め方でした。各社、各人で、発明に対する見方が異なり、かつ、事業の浮沈に関わる重要事項なため、皆さん真剣でした。
質問タイムでは、熱が入ったのか聴講者の間で討論が始まり、時間を大きく超過してしまいました。その後の交流会でも、活発な議論が続き、講師に問いかける聴講者が多く見受けられました。 

6月20日開催セミナー写真

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ