6月20日開催!セミナー「上手に特許を活用するコツ」

5月30日

「特許は公開されるのでしょう? この技術は知られたくない。」
特許明細書はその時点の最新技術を技術者が精魂込めて書いたものです。
公開の代償に独占権が与えられます。しかし、出願しない方がよい技術もあります。
「最近、似た商品が出回っている。うちの特許はどうなっているんだ。」
経営者や部門責任者が自社の権利の及ぶ範囲を知ることは必要です。
これを杜撰にするとある日突然、商品の製造・販売が差し止められる事態に!
本セミナーの講師として、知財マネジメント支援機構の太田雄二氏をお招きしました。
氏の45年を超える豊富な経験に裏付けられた特許ノウハウやその勘所を本音でお話し頂きます。上記の事例に心当たりのある方、特許を事業経営や技術開発に役立てたい方は是非この機会をご利用ください。
また、講演の後、講演者、東工大横浜ベンチャープラザ入居企業を交えた懇親会を
開催致します。そちらにも奮ってご参加ください。


 

1.主催: 中小企業基盤整備機構・東工大横浜ベンチャープラザ

 
2.日時:平成24年6月20日(水曜)
セミナー 15時から17時(受付14時半から)
交流会  17時半から18時半

3.会場:東工大横浜YVP 2階会議室
神奈川県横浜市緑区長津田町4259-3
 

4.参加料:無料(但し、交流会参加費は500円)

5.定員:25名(事前登録制、定員になり次第締切)

6.申込方法:下記申込書をダウンロードしていただき、所定の必要事項を記載の上、記載メールアドレスへ添付にて送付、またはファックス(045-989-2206)にてご返送ください。

7.申込締切:6月15日(金曜)

8.申込先:中小企業基盤整備機構 東工大横浜ベンチャープラザIM室

セミナー申込書(word)

東工大横浜ベンチャープラザの地図はこちら

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ