【開催報告】9月16日東工大YVPビジネスセミナー「記憶に残るプレゼンテーション技法」を開催しました。

9月27日

9月16日開催の東工大横浜ベンチャープラザ・ビジネスセミナーは、営業力強化!
「記憶に残るプレゼンテーション技法」というテーマで、(株)ソフィアコミュニケーションズ代表取締役
黒瀬智恵様にお話いただきました。
講師の黒瀬様は、ラジオ、テレビのレポーターからマスコミの仕事をスタートし、その後インタビュアーとして、相手の心を量り、情報を引出すコミュニケーションのノウハウを学び、現在は、コミュニケーション力向上に特化した研修の構築とその実践を行っておられます。
今回のセミナーでは、「魅力あふれる個を創造する」プレゼン技法として、参加者を4グループに分け、各人が8百字の自己紹介の原稿を作成、それぞれ3分間でスピーチし合って、お互いのプレゼン結果の長所・短所などをヒアリングシートに記載、グループ内で意見交換した後、自己紹介を再構築し改めて別のシートに記載しました。
講師から、企業としてのセールスポイントを整理し、先ず30分の基礎プレゼン資料を作成する。その後、実際のプレゼンの機会毎に基礎プレゼン資料を参考に1.原稿を立体的に構築する、2.会場属性・設備などリサーチをする、3.2パターン作る。4.話の拾い方・広げ方などを考慮し、ノウハウ・事例を入れてグローバルの視点で作成する。
発表者のブランド力(差別化)、表現力、本番力を磨くなどポイントを指摘されました。
さらに、1.与えられた制限時間を守る、2.伝えたいことを伝える、3.着地箇所を明確になどを注意されました。
セミナーに参加されなった皆さまも、上記のことを参考に、30分の基礎プレゼン資料をまとめてみてはいかがですか。
講演の後の懇親会では、講師の黒瀬様を囲み、入居企業も新たに加わって、プレゼンテーション技法に関わる話題、参加者相互の交流など熱い議論が続きました。
 

セミナー風景

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ