東工大横浜ベンチャープラザ内検索

6月21日開催:「差別化のための技術開発─いかにして優位に立つか、その戦略とは─」セミナー

中小・ベンチャー企業が、厳しい競争環境の中で生き残っていくこと、さらには競合他社との差別化を図って優位に事業を展開していくことが不可欠ですし、その最大の武器が技術力です。

本セミナーでは、中小・ベンチャー企業が技術力を高めるため、日常業務の中で創造的な思考・発想に基づいた業務の遂行が可能となること、それを通じて技術開発・研究開発を効果的に遂行できるようになること、を狙いとしています。さらには、技術開発におけるPDCAのあり方と成果評価についても触れながら、技術開発の一気通貫型で有効化を図れる構成となっています。

セミナーで重視する主な観点

  • 創造性開発と技術開発
    • 創造性開発・発想法とは
    • さまざまな創造性開発技法
    • 創造的問題解決法
    • 創造性を醸成する環境とは
  • 研究開発・技術開発に関する戦略の策定と計画の立案
    • MOT(Management of Technology:技術経営)の必要性とそのための戦略策定法
    • 研究開発のPDCAと成果評価

概要

日時:
2019年6月21日(金曜)
セミナー:15時から17時(受付 14時30分より)
交流会:17時30分から18時30分
講師:
東工大YVP インキュベーション・マネージャー 須貝英雄 氏
横浜ゴム(株)出身。経営革新等支援認定機関、および(株)アイピーシーアイのシニアテクニカルアドバイザーとして数多くの経営コンサルティング、科学技術翻訳等に携わっている。平成15年9月の中村修二博士発明「青色発光ダイオード」に関する特許の経済的価値鑑定評価をはじめとして数多くの鑑定評価や企業の再生・M&Aに関する評価・支援も行ってきた。論文・著書に、「技術・生産部門における体質改善のためのシステムアプローチとその展開」、「知的財産の価値評価」、「中小・ベンチャー企業における知的財産の価値評価とその戦略的活用」他がある。MOT(技術経営)を中心に、行政、企業、大学、発明協会、商工会議所等における講演・講義やそれに伴う支援・指導等多数。
会場:
東工大横浜ベンチャープラザ 2階会議室
神奈川県横浜市緑区長津田町4259-3
セミナー定員:
20名(事前登録制、定員になり次第締め切り)
セミナー参加費:
無料(交流会は別途500円)
主催:
中小機構 関東本部(東工大横浜ベンチャープラザ)
申込方法:
下記申込書をダウンロードの上、所定の必要事項をご記入いただき、メール(申込書を添付)またはファックスにてご送付ください。
セミナー申込書 (69KB)

お問い合わせ

東工大横浜ベンチャープラザ IM室
Tel: 045-989-2205
Fax: 045-989-2206
Mail: yvp-info@smrj.go.jp