【開催報告】10月11日(水曜)から13日(金曜)までパシフィコ横浜で開催された「BioJapan2017」中小機構ブースへ、入居企業のアール・ナノバイオ株式会社が出展しました。

【開催報告】10月11日(水曜)から13日(金曜)までパシフィコ横浜で開催された「BioJapan2017」中小機構ブースへ、入居企業のアール・ナノバイオ株式会社が出展しました。

平成29年11月2日

2017年10月11日(水曜)から13日(金曜)にパシフィコ横浜で開催される「BioJapan2017」に、和光理研インキュベーションプラザ入居企業のアール・ナノバイオ株式会社が出展し、新事業への取り組みを発表しました。

 

 BioJapanは1986年の初開催から19回目の開催を迎える、バイオビジネスにおけるアジア最大のパートナリングイベントで、創薬、個別化医療、再生医療、診断・医療機器、ヘルスケア、環境・エネルギー、機能性食品、研究用機器・試薬等の分野において、30ヶ国から850社以上の参加が見込まれます。展示会・セミナー・パートナリングプログラムを通じて、バイオ産業とアカデミックな知見の交流を促進させる場となっています。

 

 <BioJapan 2017 概要>

 会期:2017年10月11日(水曜)から13日(金曜) 10時00分から17時00分

場所:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい1−1−1)

入場料:Webサイト事前登録または招待状持参で無料(事前登録しない場合5,000円)

同時開催:再生医療JAPAN 2017、ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット2017

 

<出展概要>

 アール・ナノバイオ株式会社(新規ウィンドウに表示)   (小間番号:D-04 「中小機構」ブース内)

代表取締役:伊藤嘉浩

住所:〒351-0104埼玉県和光市南2-3-13 和光理研インキュベーションプラザ 406号室

電話番号:048-467-5811

URL:http://www.r-nanobio.co.jp/

 

【バイオチップのコンテンツ拡大と販路開拓】

 当社は、理化学研究所で開発された医療応用レベルの再現性を可能にするマイクロアレイ・バイオチップ技術をコアとする理研ベンチャー認定企業です。微量のサンプル(血液1滴)から、多項目を、同時に、短時間で、定量できるプラットホーム・システムです。複数のマーカーをその場で調べる分析科学でこれからのPOCT、診断医療に貢献します。

 

 

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ