【開催報告】スーパーコンピューター「京」を知る−「京」が時代を変える−

2013年1月31日

今月のセミナーは「スーパーコンピューター「京」を知る−「京」が時代を変える−」です。
平成25年のスタートにあたり、平成23年6月に発表された TOP500で世界一となり、平成24年9月に共用開始がスタートしている理研と富士通株式会社が共同で開発したスーパーコンピューター(スパコン)「京」に関して産業的な利用性などを含めて講演をしていただきました。

講演は動画が各所に取り入れてあり、話の流れが分かりやすくてスパコン素人の出席者にも、スパコン開発をやらざるを得なかった理由、シミュレーションが携帯電話から津波解析や宇宙の未来予測など、実に幅広く使われている現在の状況が理解できました。

世間的にも大きな注目を浴びているスパコンをどのように使い、どのような成果を上げていくかが今後とも問われるだろうと思われました。


セミナーには入居企業はもとより外部からも和光市松本市長、和光議員(8名)、外部の大企業・中小企業(7名)など総勢42名の方に出席していただきました。

1月16日のセミナーの様子

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ