【開催報告】消防・避難訓練とAED取扱い講習会を開催しました!

2012年12月26日

平成24年12月4日火曜午後に当施設の消防・避難訓練、ならびにAEDの取扱い講習が行われました。
消防避難訓練の内容は、初期消火訓練、消防署通報訓練、避難訓練、水消火器による消火訓練と、はしご車によるデモンストレーションです。
今回の訓練は、13社(全企業15社)から23名(IM4名)が参加して行われました。
消火訓練のうち、水消火器を用いた初期消化訓練は毎年実施していますが、『火事の現場に遭遇するとなかなか手際よく消火できない』と消防署の指導員の方に言われて、皆、真剣に訓練に取り組みました。

ちなみに昨年はもっと真剣にやることとお叱りを受けています。


はしご車によるデモンストレーションは今回が初めての試みです。
当施設の高さは20mですが、その4階ベランダから消防署のスタッフがはしご車にのって救助される場面を想定したデモが行われました。

実際にはしご車を見るのは初めての方も多かったようで、訓練会場はシーンと静まり、参加者は緊張した面持ちではしご車の動きを見つめていました。
最後に、消防署から「身の安全を最優先した行動をとるように」との訓示をいただきました。
寒い中を訓練に参加していただいた入居企業の皆さま、ご指導いただいた消防署の方々にお礼申し上げます。
来年からはもう少し暖かい時期に行いたいと思います。
なお、消防・避難訓練終了の後は、今回綜合警備保障株式会社から新たに当施設に設置搬入されたAEDの取扱い講習会が人形を使って30分ほど行われました。 

写真左:水消火器を用いた初期消火訓練、写真右:はしご車による救助訓練

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ