11月15日(火曜)開催!「企業の研究開発に必要な知財 1」─特許の基礎から取り方まで─

2011年10月26日

最近の超 円高時代に製造業等海外移転(技術・ノウハウの流出)を余儀なくされている感がありますが、─モノづくり日本の足元を見つめ直し、それを支える知的財産に焦点をあてたセミナーを企画します。
日本のモノづくりは、高い研究開発力に支えられており、オンリーワンの優れた技術を持つ中小企業に負うところ大であると言えます。
11月、12月のセミナーは、財団法人 埼玉県産業振興公社の知的財産アドバイザーとして長年
係わってこられた方に、生の体験を数多くまじえてお話しして頂く事にします。

○開催日:平成23年11月15日(火曜)
○時間:13時30分から15時30分まで
○場所:和光理研インキュベーションプラザ4階会議室
○セミナー
「企業の研究開発に必要な知財 1」 ─特許の基礎から取り方まで─
講師:小林 公 様 財団法人 埼玉県産業振興公社、知的財産アドバイザー
セミナーの概要
・知的財産制度の基礎
日本の特許法が、3年振りに改正されるポイントやアメリカの特許法も変わる!などを含む
・特許のかしこい取り方(文献調査と出願書類の書き方)  
知っておきたい特許の請求項の読み方
“ノウハウ”は特許出願をするべきか否かの判断は!
・特許の取り方・実例(成功例、論文との差異など)
多くの成功事例からのアドバイスは!
論文発表、展示会発表と特許出願のタイミングは!
など実用的な所に重点をおき、実例を多くご紹介し、分かりやすく解説して頂きます。

お申し込み先:IM室 担当 天川
電話:048-450-2041
ファックス:048-450-2051

企業の研究開発に必要な知財 1のチラシ(pdf)

PDFを初めてご利用される方はAdobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい。※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。(新規ウィンドウで表示)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ