避難訓練

2011年7月11日

7月5日火曜日に和光理研インキュベーションプラザの防災訓練を行いました。
入居企業の方々も大勢参加しての訓練でした。
今回は火災避難訓練です。
二階の給湯室より出火。
インキュベーションマネージャーの一人が現場確認。
「火事だ。」という声に、参加された企業の方々を誘導し避難を始めました。
代表のマネージャーが消防署に電話をかけ、訓練だという報告。
館内放送で、「指示に従いすみやかに避難して下さい。」というアナウンスをして、
上の階の方々は、外階段を使い、正面玄関前に避難いたしました。

玄関前では、消防署の方に持ってきて頂いた水消火器を使い、
実際に消化の練習。
パイロンに向けて、順番に水をかけていきました。

最後に、消防署の方のお話を聞いて、無事に訓練は終了いたしました。
火事によって亡くなる方の多くは、煙を吸い込んで倒れてしまった方だそうです。
「避難時に、ハンカチ、タオルなどを口にあてたり、身をかがめて背を低くして避難することを心がけて下さい。」
というアドバイスを頂きました。
訓練と言うことで、そのような体勢の方がいなかったことは残念な事でした。
いざというときのために、こうしたアドバイスはとても役立つと思います。
今後の訓練に取り入れる必要があると感じました。<事務スタッフより>

 

消火器の使い方

1 ピンを外す。
2 ホースを持ち、火元に向ける。(炎ではなく、実際に燃えている物)
3 レバーを強く握り放射。

今回は水消火器なので軽かったのですが、実際の薬剤消火器は重いそうです。

消火器の使い方

消火器の使い方2

消防署の方の話

セミナーの詳細はこちら(WORD形式)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ