和光理研インキュベーションプラザってどんなところにある?

2011年12月13日

和光理研インキュベーションプラザは埼玉県和光市南に位置しております。
和光市は、埼玉県南部にある人口約8万人の市。
少し歩けば、板橋区、練馬区と東京都に隣接しているにもかかわらず、雑木林、畑が点在し、湧水もあり、
まだ武蔵野の自然が残っていて、県営和光樹林公園などの公園もあり、全体的に緑の多い街であります。

また和光市と言えば、童謡詩人、清水かつらさんが住んでいたことでも有名ですね。
童謡「みどりのそよ風」、「靴が鳴る」、「叱られて」、「雀の学校」などを作詞した方です。
東武東上線和光市駅前に、「みどりのそよ風」、「靴が鳴る」、「叱られて」の歌詞が刻まれた歌碑も飾られています。

そんな緑豊かな中にたたずむ当施設は、とても過ごしやすく
隣接する理化学研究所内の緑の中に時々たぬきが現れたりもします。
チョウ、セミ、テントウムシ、トンボなど自然の昆虫たちが敷地内で見られたり、ヨモギが茂ったりしています。
秋になると周りを取り囲むイチョウなどの紅葉がとても綺麗です。
駅からの通勤の際には、そんな自然を楽しみながら歩いてこられます。

都内からすぐの地域でありながら、自然を感じられ、気持ち安らぐ環境でお仕事出来るというのはなかなかなモノです。

和光理研外観1・2

和光理研外観3・4

和光理研外観5・6

2008年12月25日 和光理研インキュベーションプラザ駐車場の端にたぬきが姿をみせました。

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ