ナノキャリア株式会社

本社・研究所の移設(2014年6月)について

平成26年2月14日

   東大柏ベンチャープラザに本社・研究所を構えるナノキャリア(株)(所在地:千葉県柏市、代表者:中冨一郎)は、このたび当施設を卒業し、千葉県柏市内のつくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅近隣に建設中の建物(2014年5月竣工予定)に本社・研究所を移設される運びとなりました。

   ナノキャリア(株)は、抗がん剤をがん細胞に集中的に送り届け、腫瘍組織に集積させることにより、従来の抗がん剤が持つ副作用を軽減し、かつ、効果を高めるDDS(薬物送達システム)の研究開発を目的に、1996年6月に設立されました。その後、1999年10月には千葉県が運営する東葛テクノプラザに本社を移転、研究所を開設され、さらに研究開発の進展に伴い、2004年8月には新設された東大柏ベンチャープラザに本社・研究所を移設・拡充されました。以来、近接する東京大学柏キャンパスや国立がん研究センター等と連携して研究開発を推進され、2008年3月には東証マザーズに上場されました。(東大柏ベンチャープラザに入居した企業で初の上場企業です。)

   その後も研究パイプラインの拡充や内外の研究機関や製薬会社との共同研究・開発が順調に拡充するとともに、信越化学工業(株)の資本参加を得、かつ、日本発のバイオベンチャー企業としては初めてのグローバルオファリング(*1)を成功させるなど、ナノキャリア(株)の経営財務体質は格段に強化されました。このような経営環境のもと、今後一層の事業拡充に備えるため、地元各界の協力を得て、新たに千葉県柏市に建設される建物(3階建て、総床面積約1,200平方メートル)に新本社・研究所を設けられることになりました。(*1)内外機関投資家を対象にした公募増資

   東大柏ベンチャープラザは、柏市、千葉県と連携して、ナノキャリア(株)が我が国のバイオテクノロジー分野で中心的な役割を担う中核企業として、千葉県柏市から世界に雄飛されるべく、引き続き支援してまいります。
 

製品「エクラフチュールW 美容液」がCREA12月号に掲載されました

平成23年11月8日

文藝春秋発行の女性誌、CREA12月号(2011年11月7日発売)に、ナノキャリア株式会社の「エクラフチュールW 美容液」が掲載されました。
同製品は、同社がDDS技術(必要な場所へ成分を届ける技術)を応用し開発した化粧品です。

詳しくは、ナノキャリアのホームページをご覧ください。

ナノキャリア株式会社のホームページ(新規ウィンドウで表示)

CREA(雑誌・書籍)のホームページ(新規ウィンドウで表示)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ