【告知】平成27年5月21日(木曜日)5月セミナー「人工知能・ビッグデータのビジネス利用における実態と可能性」

平成27年4月30日

 センサーのネットワーク化やIOT(Internet of Things)の急速な伸長、SNSによるテキストデータの加速度的な蓄積と流通などを背景に、人間が手にすることが出来るデータ量が爆発的に増加している。我々の生活は、ビッグデータにより変化が生じてきております。更にコンピューターが人間の知性を凌駕する「シンギュラリティ:技術的特異点」が2045年に到来すると言われ、かつて夢物語と言われた「人工知能」というキーワードが現実性を帯びた形で再登場するなど、データやコンピューター利用が次のステージに入ってるのかもれません。

 発表者のメタデータ株式会社 野村直之様は、NEC中央研究所にて機械翻訳・文書処理、ジャストシステムにて情報検索システムの開発に従事するなど、コンピューターによる日本語活用に関する実践的研究開発の第一人者です。また、MIT人工知能研究所にて客員研究員、情報処理学会(学術奨励賞、山下記念研究賞)やビジネスモデル学会、電子情報通信学会の英文論文査読委員など、アカデミックな領域においても第一線でご活躍です。

 現在は日経ビジネスオンラインでの「Dr.ノムランのビッグデータ活用のサイエンス」も好評連載中で、人工知能・ビッグデータに関するエバンジェリストの一人です。またご自身も解析エンジンの開発などを手掛けるメタデータ株式会社を設立され、大手メーカーや金融機関、中央官庁などのビッグユーザーを抱える「ベンチャー」でもあります。

 当日は、巷間何かと話題の人工知能・ビッグデータの活用は今どこまで来ているのか、数年後現実的にはどこまでいけるのかについて、理論・実践の両面で実績のある野村様にご講演いただきます。今後のビジネスにおいて避けて通れないトピックです!この機会に是非ご参加ください。

★講師:野村 直之様 プロフィール★

1984:東京大学工学部計数工学科卒 (2002:理学博士号取得 九州大学)
1984−1996:NEC C&C研究所この間、マサチューセッツ工科大・人工知能研究所客員研究員(1993-4)
1997−2001:ジャストシステム開発本部(2000〜シニアマネージャ)
2001−2003:法政大学エクステンションカレッジ・ディレクタ(IT実践講座担当)
2003−2005:(株)リコー ソフトウェア研究開発本部・課長研究員(Global MOT担当)
2005−  :メタデータ(株)設立 代表取締役(現任)
 

 テーマ:人工知能・ビッグデータのビジネス利用における実態と可能性
日時:平成27年5月21日(木曜日)16時から17時30分
場所:農工大・多摩小金井ベンチャーポート会議室
講師:メタデータ株式会社 代表取締役 野村 直之(理学博士)
受講料:無料
対象: 興味のある方ならどなたでもご参加頂けます。
申込方法:下記のMail Addressにご連絡頂くか、申込書(パンフレット裏面)をFaxしてください。
定員: 40名程度(定員になり次第、締切らせていただきます)
 

セミナー終了後に名刺交換会・交流会(会費1,000円)を行います。お気軽にご参加ください。

申込: 農工大・多摩小金井ベンチャーポート IM室 大野・古橋
〒184-0012 小金井市中町2-24-16
電話:042-382-3855 FAX:042-382-1566
E-mail:ntkvp-info@smrj.go.jp
 

 

パンフレット(裏面申込書):5月セミナー(pdf)

PDFを初めてご利用される方はAdobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい。※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。(新規ウィンドウで表示)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ