【告知】平成26年9月25日(木曜日)農工大・多摩小金井ベンチャーポート 9月セミナー

平成26年度8月19日

 9月のセミナーは、3Dプリンターの実力とこれからの可能性について講演していただきます。
3Dプリンティングに関連した製品・サービスの売上は、2012年に世界中で22億ドル、2019年には65億ドルにも達するとみられてます。
 3Dプリンターは、製造プロセスの革命をもたらすと言われており、製造業を中心に建築・医療・教育・先端研究など幅広い分野で急速に普及が始まっています。新しい材料の開発やサービスの登場により、益々身近な存在になってきている3Dプリンターです。
 今回は、インクジェット技術で高度な技術を持ち、様々な研究機関の研究開発を技術支援している、 (株)マイクロジェットの山口社長に、現在の3Dプリンタ-の実力を解説して頂き、今後の技術の方向性、どのようなビジネスの可能性があるのかをお話しいただきます。
 また、当日は、会場にFDM方式のデモ機を持ち込み、実演もしていただきます。
 今回は、発表者の意向で、同業者のご参加はご遠慮いただくこととなっております。何卒、ご理解の程お願い申し上げます。

内容については基本的な原理からご説明いたします。ご関心のある方は是非ご参加ください。

★講師プロフィール★
山口修一(やまぐちしゅういち)
1983年東京工業大学大学院修了後、エプソン(現セイコーエプソン)でインクジェットプリンターの開発や製品化に携わる。1997年マイクロジェット社設立。企業や大学のインクジェット産業応用研究を技術支援する傍ら、普及のための講演活動も行う。2013年大阪大学大学院工学研究科博士後期課程修了 工学博士
 著書「インクジェット時代が来た!」光文社新書

題目:3Dプリンターの最前線「3Dプリンターの実力とこれからの可能性」
日時:平成26年9月25日(木曜)16時〜17時30分
会場:農工大・多摩小金井ベンチャーポート1階会議室
受講料:無料
発表者:株式会社マイクロジェット 代表取締役 山口 修一
参加対象者:(同業者の方を除き)興味のある方ならどなたでもご参加頂けます。
申込方法:下記のメールアドレス、申込書裏面をファックスあるいは直接IM室までご連絡ください。
定員:40名程度(定員になり次第、締切らせていただきます。)

セミナー終了後に名刺交換会・交流会(会費1,000円)を行います。お気軽にご参加ください。
申込:農工大・多摩小金井ベンチャーポート IM室 大野・古橋・安藤
〒184-0012 小金井市中町2−24−16
電話番号:042−382−3855 FAX:042−382−1566
Eメール:ntkvp-info@smrj.go.jp

『本申込書にご記入いただいた個人情報は、本セミナー開催に係る参加者の確認、出欠確認、本セミナー運営に関する連絡および機構各事業の情報提供の目的のために使用し、法令に基づく開示請求があった場合、申込者本人の同意があった場合、その他相当な理由がある場合を除き、第三者への情報提供はいたしません。』

パンフレット:9月セミナー(pdf)

PDFを初めてご利用される方はAdobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい。※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。(新規ウィンドウで表示)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ