【告知】2月20日(水曜日) 、農工大・多摩小金井ベンチャーポート2月月例会「超エコ住宅を考える―パッシブハウスを中心に―」

1月18日

エコ住宅をテーマに2名の講師と議論いたします。
1つ目は、北海道大学のシーズ発の「パッシブハウス」です。このパッシブハウスは、北海道をベースとした高気密・高断熱住宅に加え冬期間の内外温度差による浮力を利用する換気方式で、断熱気密機能を高く保った建物の床下空間へ集中的な自然給気を行います。住宅全体の負荷に応じた暖房器を床下に設置してその冷外気を予熱し、暖めた空気を自然循環させることで全室の暖房と換気を同時に行う、北海道が生んだ世界に誇れる画期的な暖房換気システムです。
2つ目は、小金井市にモデルルームがある「雨デモ風デモハウス」です。このシステムは、自然エネルギーを最大限に利用したシステムです。
この二つのシステムを例にとりながら、エコ住宅について議論していきたいと思います。

日時:平成25年2月20日(水曜日) 16時から
会場:農工大・多摩小金井ベンチャーポート1階会議室
受講料:無料
発表者:株式会社 拓 建築設計事務所 代表取締役:天谷一男
株式会社アルキテクタ:安達亜紀

後援:小金井市商工会 工業部会、農工大TLO
対象:興味のある方ならどなたでもご参加頂けます。
申込方法:下記のメールアドレス、裏面の申込書をファックスあるいは直接IM室までご連絡下さい。
定員:30名程度(定員になり次第、締切らせていただきます)

セミナー終了後に名刺交換会・交流会(会費1,000円)を行います。 お気軽にご参加ください。

申込:農工大・多摩小金井ベンチャーポート IM室  大野・古橋・弘田
郵便番号:184-0012 小金井市中町2-24-16    
電話:042-382-3855 ファックス:042-382-1566
E-メール:info-tatvp@kanto-bi.smrj.go.jp

2月月例会セミナー(pdf)

PDFを初めてご利用される方はAdobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい。※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。(新規ウィンドウで表示)

アクセスはこちら

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ