【セミナー】3月8日開催「藤沢オープンデータセミナー みんなで考える藤沢におけるオープンデータの活用」

藤沢オープンデータセミナー みんなで考える藤沢におけるオープンデータの活用

【日時】2015年3月8日(日曜)17時〜20時(開場16時30分)
【場所】藤沢商工会館ミナパーク3階302、303室(新規ウィンドウで表示)
    (藤沢市藤沢607-1)

【定員】50名
【参加費】無料 


各地の「Code for(コードフォー)」などの事例にみられるように、地域の課題をオープンデータとITを活用することで解決を図り、その解決策をオープンネットワークによって伝搬させる取組が、世界各地で行われています。日本でも、各地で取り組みが盛り上がりつつあります。
先行事例としてのCode for Hachioji、オープンデータ・カフェ@八王子での活動紹介と、講師・参加者間の交流を通して、湘南地域でのシステム開発技術者の視野拡大・地域関係者、市民のオープンデータ活用意識向上を図るきっかけになればと思っています。
講演を聞いて知識を得る事だけでなく、みんなが参加して、新しい藤沢を作っていくのが本セミナーの目的です。オープンデータ・カフェ@藤沢の活動計画(毎月一回のミーティングの告知、当面のリーダーの選出、キャッチフレーズの公開など)を通じて、エンジニアだけでない市民コミュニティのスタートとして、市民が自由に参加できるコミュニティ作りを宣言します。


<プログラム>
17時〜18時 オープンデータ/オープンガバメントとは?(三浦講師)
18時〜18時30分 藤沢市の取り組み
18時30分〜18時45分 オープンデータ・カフェ@藤沢の活動計画
18時45分〜19時 湘南Apps!活動報告
19時〜20時 みんなで考えよう。藤沢におけるオープンデータの活用
(三浦講師がファシリテータとなり、最後はみんなで話し合える場とします)

【講師プロフィール】
三浦雅孝(みうらまさたか)氏
一般社団法人Open Embedded Software Foundation(OESE)代表理事
富士通、アスキーを経て、INFORMIXリレーショナル・データベースの事業に従事。その後、INFORMIX Japanに移籍、1996年パワーソフト代表取締役社長。2001年ウィルメディアを設立。2006年アイ・ピー・ビジョンのCTO。
2009年Androidの可能性に着目し、OESFを設立、代表理事に就任。2013年オープンデータ・カフェ@八王子の組織、オープンデータの市民活動を開始。2014年からCode for Hachioji代表として、地域の課題解決活動を展開中。

【お申込】慶應藤沢イノベーションビレッジ IM室 
      メールまたはお電話でお申込みください。
      e-mail sfc-iv@cityfujisawa.ne.jp  電話 0466-49-3910
            メールタイトルを【3/5】としていただき、お名前・ご所属をお送りください。
           


※お送りいただいた個人情報は、本セミナー開催に係る参加者の確認、出欠確認、本セミナー運営に関する連絡および機構各事業の情報提供の目的のみに使用し、法令に基づく開示請求があった場合、申込者本人の同意があった場合その他相当な理由がある場合を除き、第三者への情報提供はいたしません。


主催|中小企業基盤整備機構 関東本部 慶應藤沢イノベーションビレッジ
共催|一般社団法人Open Embedded Software Foundation (OESF)
協力|湘南Apps!、Code for Hachioji

「藤沢オープンデータセミナー みんなで考える藤沢におけるオープンデータの活用」チラシ(PDFファイル)

PDFを初めてご利用される方はAdobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい。※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。(新規ウィンドウで表示)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ