【セミナー】2月23日開催SFC-IV Entrepreneurship Seminar(SES)16

テーマ「伝統産業に新価値創造!新たな「市場」を生み出す取組み」

伝統産業は、古くから受け継がれてきた技術や製法を用い、日本の伝統的な文化・生活に根差した産業であり、主に地方の地場産業として重要な役割を担っています。
今回のセミナーでは、伝統を守りつつも、新たな価値を見出し、これまでにない市場を開拓している事例を紹介します。セミナーを通じて新しい「市場」を創出するアントレプレナーの一助になれば幸いです。
 

【日時】2015年2月23日(月曜) 受付開始18時 開始18時30分 終了21時
【場所】TIP*S / 3×3 Labo
    東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル6階 662区
    アクセス http://tips.smrj.go.jp/access/(新規ウィンドウに表示)

【講師】株式会社和える 代表取締役 矢島里佳氏 
    株式会社せん 代表取締役 水野千夏氏

【定員】 100名
【参加】 無料


【プログラム】
■開会 18時30分 
中小企業基盤整備機構TIP*S(ティップス)のご紹介:経営支援部人材支援グループTIP*S担当岡田恵美
SFC-IVの活動報告:SFC-IVチーフインキュベーションマネージャー  世良信一郎

■講演(1)18時50分
「伝統産業品をプロデュース『和える(aeru)』の商品開発と伝統産業職人の志」
株式会社和える 代表取締役 矢島里佳氏

■講演(2)19時20分
「会える秋田美人、あきた舞妓、秋田美人の産業化からみる日本の伝統文化の再発見」
株式会社せん 代表取締役 水野千夏氏

■パネルディスカッション 19時50分
「伝統産業から創造される未来」
パネリスト 株式会社和える 代表取締役 矢島里佳氏
           株式会社せん 代表取締役 水野千夏氏
モデレーター SFC-IV インキュベーションマネージャー 小森啓安

閉会挨拶 20時50分
SFC-IVインキュベーションマネージャー / 財団法人SFCフォーラム 事務局長 廣川克也


【講師紹介】
 矢島里佳氏  株式会社和える 代表取締役
「21世紀の子どもたちに、日本の伝統をつなげたい」という想いから、大学4年時である2011年3月株式会社和えるを設立。
2012年、“0から6歳の伝統ブランドaeru”事業を立ち上げ、赤ちゃん・子どもの日用品を伝統産業の技術を用いて作るという、新たな市場開拓に取り組んでいる。

 水野千夏氏  株式会社せん 代表取締役
大学卒業後、OL生活を経て地元に戻り、歓楽街の川反(かわばた)にかつて存在していた川反芸者を「あきた舞妓」として復活させることを決意し、事業会社「せん」を設立。秋田の魅力を発信し続ける活動に躍進中。
    


【お申込】慶應藤沢イノベーションビレッジ IM室 
      メールまたはお電話でお申込みください。
      e-mail sfc-iv@cityfujisawa.ne.jp 
            メールタイトルを【2/23】としていただき、お名前・ご所属をお送りください。
            電話 0466-49-3910


※お送りいただいた個人情報は、本セミナー開催に係る参加者の確認、出欠確認、本セミナー運営に関する連絡および機構各事業の情報提供の目的のみに使用し、法令に基づく開示請求があった場合、申込者本人の同意があった場合その他相当な理由がある場合を除き、第三者への情報提供はいたしません。

【主催】独立行政法人中小企業基盤整備機構関東本部(慶應藤沢イノベーションビレッジ:SFC-IV)
【後援】藤沢市  公益財団法人湘南産業振興財団 

SES16「伝統産業に新価値創造!新たな「市場」を生み出す取組み」チラシ(PDFファイル)

PDFを初めてご利用される方はAdobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい。※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。(新規ウィンドウで表示)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ