【セミナー】2月4日開催「SFC-IVネットワーキングピッチ4 モノつくり編」

SFC-IV Creators’Ryozanpaku Seminar2014

テーマ「Garage Sumidaの取組みと、人を巻き込むモノつくり」

アイデアはあるのに作れない。
作りたいけど、どうやったら作れるの?
アイデアを形にしていく過程では、CADや金型、3Dプリンタやレーザーカッター、回路設計やソフトウェアプログラミングなど、さまざまな工程を経る必要もあり、さまざまな人を巻き込んでいく必要があります。
墨田区にある株式会社浜野製作所が運営するGarage  Sumida(ガレージスミダ)の代表である小林氏を講師にお招きし、 Garage  Sumidaが手掛けた実績や、人を巻き込みながら新しい製品を生み出している事例ついて、お話ししていただきます


【日時】 平成27年2月4日(水曜) 17時30分開場 18時開始 20時30分終了予定
     第1部「モノつくり・セミナー」 18時〜19時30分
     第2部「交流会」  19時30分〜20時30分

【会場】SFC-IV 1階大会議室
    (交流会は2階リフレッシュラウンジ)

【定員】 先着30名

【参加費】セミナー無料  
     交流会会費 一人500円 ソフトドリンクやビール、おつまみを用意しています。

【講師】株式会社浜野製作所 経営管理部 Garage Sumida代表 小林亮氏

【講師紹介】小林亮氏 株式会社浜野製作所 経営管理部/Garage Sumida代表
Garage Sumida(ガレージスミダ)は、「自分のアイデアを形にしたい!」「もっと自由に製品を開発したい!」、そんな気持ちにお応えする開かれたものづくりの拠点であり、誰でも墨田区の町工場、職人の技術にアクセスできるハブとして2014年3月に設立。 墨田で培われて来た技術と化学反応を起こす企業や個人、行政や教育機関と触れ合うきっかけをつくり、そこから生まれた事業やプロジェクトを支援するための拠点として運営しています。
浜野製作所は、中小企業・海洋研究開発機構(JAMSTEC)・大学等と深海探査艇を共同開発し、世界初の深海約 8000 メートルでの 3D 動画撮影に成功した「江戸っ子1号」をはじめ、孤独を癒す「遠隔コミュニケーションロボットOriHime(オリヒメ)」を製作 するオリィ研究所の創業支援、日本テレビ「リアルロボットバトル日本一決定戦」のロボット製作など、チャレンジ精神あふれるモノつくり実績をもつ。

【主催】独立行政法人中小企業基盤整備機構関東本部(慶應藤沢イノベーションビレッジ)
【協力】財団法人SFCフォーラム


【お申込】慶應藤沢イノベーションビレッジ IM室 
      メールまたはお電話でお申込みください。
      e-mail sfc-iv@cityfujisawa.ne.jp 
            メールタイトルを【2/4】としていただき、お名前・ご所属をお送りください。
            電話 00466-49-3910


※お送りいただいた個人情報は、本セミナー開催に係る参加者の確認、出欠確認、本セミナー運営に関する連絡および機構各事業の情報提供の目的のみに使用し、法令に基づく開示請求があった場合、申込者本人の同意があった場合その他相当な理由がある場合を除き、第三者への情報提供はいたしません。
 

「SFC-IVネットワーキングピッチ4 モノつくり編」(PDF)

PDFを初めてご利用される方はAdobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい。※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。(新規ウィンドウで表示)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ