【セミナー】12月13日(木曜)SFC-IV Seminar 「ICTクリエイター起業家が拓く社会価値の創造と挑戦」を開催します。

2012年12月5日

―SFC-IV Creators’Ryozanpaku(クリエイターズ梁山泊) Presents ―
SFC-IV Entrepreneurship Seminar 12
「ICTクリエイター起業家が拓く社会価値の創造と挑戦」


M・ポーターが提唱する「Creating Shared Value」(CSV)は、
企業が戦略として「社会問題の解決」に価値を見出す新たなビジネスの潮流です。


社会起業家と既存企業のビジネスモデルの境界が曖昧化する中、
ICTクリエイターベンチャーが社会的意義の高い事業価値の創出にどう向き合い、チャレンジしているか、ベンチャー起業家の取組例の紹介や質疑を通して探ります。

 

日時 2012年12月13日(木曜) 18時 開場  18時20分 開始  21時 終了予定
会場 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC) τ(タウ)館 11教室 
定員 60名
参加 無料


<スケジュール>
18時 開場
18時20分 オープニング・活動報告  
       独立行政法人中小企業基盤整備機構
       SFC-IV チーフインキュベーションマネージャー 世良信一郎


■第1部 「ICT起業家の社会価値創造の取り組み〜各社事業活動の紹介」

1・18時25分から ランサーズ株式会社 代表取締役     秋好陽介氏
2・18時50分から 株式会社シグナルトーク 代表取締役   栢孝文氏
3・19時15分から プライムスイッチ株式会社 代表取締役  内村安里氏 

19時40分  休憩


■第2部 パネルディスカッション
     テーマ「ICTクリエイタービジネス×社会価値創造への挑戦」
19時45分から
   パネリスト
       ランサーズ株式会社 代表取締役     秋好陽介氏
       株式会社シグナルトーク 代表取締役   栢孝文氏
       プライムスイッチ株式会社 代表取締役  内村安里氏
       SFCインキュベーションマネージャー    廣川克也
        
20時25分から  質疑応答

 

●お申し込み
E-メールで下記アドレスへ、タイトルを【12/13 SES12】としていただき
お名前、ご所属をお送りください。
sfc-iv@kanto-bi.smrj.go.jp

●お問合せ
慶應藤沢イノベーションビレッジIM室
郵便番号:252-0816藤沢市遠藤4489--105
電話 0466-49-3910  
E-メール sfc-iv@kanto-bi.smrj.go.jp

主催:独立行政法人中小企業基盤整備機構関東本部 慶應藤沢イノベーションビレッジ(SFC-IV)

 


<パネリスト 略歴>

秋好 陽介 氏
ランサーズ株式会社 代表取締役社長
1981年生まれ。大阪府出身。大学在学中より起業家としてインターネットを活用したサービスの構築に取り組む。 2005年より株式会社ニフティに新卒入社し、サービス企画/開発を担当。2008年4月に起業、 12月にクラウドソーシング「ランサーズ」を開始し、現在登録会員数が10万人を突破し 累計案件総額50億円、85,000案件を超えるサービスに成長させる。 個人のエンパワーメントや才能の自己実現を目指せる社会とワークライフバランスの実現という命題に対し、 ネットの可能性を最大限生かすべく価値あるサービスの創造に挑戦している。


栢 孝文 氏
株式会社シグナルトーク代表取締役
大阪市立大学大学院工学研究科を卒業後、株式会社セガ・エンタープライゼスに入社。ゲームプランナーとして、家庭 用ゲーム機や携帯電話向けのゲームを開発。その後、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントを経て、株式会社シグナルトークを設立、代表取締役に就任。国内最大級の会員数50万人超のオンライン麻雀ゲーム「Maru- Jan」の運営をはじめとした種々のコンテンツ開発に取り組む一方、オンラインゲーム運営のノウハウを活かして、昨年、認知症予防に有用なコンテンツ「脳測」をリリースするなど社会貢献型の新規事業の開発とビジネスの両立を目指している。


内村 安里 氏
プライムスイッチ株式会社 代表取締役社長 / CEO
熊本県出身。大学卒業後、コンサルティング会社を経て2003年に株式会社ディー・エヌ・エーへ。ECコンサルティング部門、Mobage広告事業部門、Mobageマーケティング部門のマネージャーを経験し、2011年にプライムスイッチ株式会社を設立。TVCM制作等のプロモーション企画やスマートフォン向けゲームアプリのプロデュースを手掛ける一方で、マンガ・アニメクリエイター育成PJT『熊本こうし響創塾』やアプリ開発・地域コミュニティブランド『熊本Apps!』等、地方発ビジネスの活性化に取り組む。

 

廣川 克也
SFCインキュベーションマネージャー / 慶應SFC KIEP研究コンソーシアム事務局長
三井住友銀行、北海道大学知的財産本部を経て、現職。慶應義塾の起業家を対象に、事業計画立案、会社設立支援を担当。産業界、同窓会、教員等による起業家支援のプラットフォームであるKIEPコンソーシアム事務局長を兼任、産学連携や海外大学、インキュベータ等との連携を推進。これまでの金融機関でのベンチャー支援や慶大SFC生や関係者の創業・起業相談に関する豊富なアドバイス経験を活かして、若い才能の発掘と育成に日々努めている。

「ICTクリエイター起業家が拓く社会価値の創造と挑戦」セミナー(PDF)

PDFを初めてご利用される方はAdobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい。※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。(新規ウィンドウで表示)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ